WordPressには2種類あるので注意!WordPress.comとWordPress.orgの違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpress-org-com

 

とある場所での会話。

WordPressって流行っていますよね。使おうとしたんだけど、月額1,000円、年間12,000円ぐらいかかるみたい。

 

なるほど、確かにWordPress.comの価格表にこう書いてありました。

WS000446

 

 

ちょっと高くて個人では使えないよね?

個人でやるならアメブロ(ameblo.jp)とか、ハテナ(hatena.com)しかないのかな?

独自ドメイン使うなら、WordPress以外のサービスを使った安いのがあるのでは?

こう思っちゃいますよね。。

 

 

これ根本から間違っているのを知っていましたか?

WordPress.comは、米国のAutomatic,Inc.というインターネットサービスプロバイダーがやっているレンタルサーバーです。

一方、WordPress.orgは、オープンソースでフリーなWordPressを配布しているウェブサイトです。

 

通常、日本語で使われるWordPressは後者のほうか、または、後者を使ったレンタルサーバーのサービスを指します。

WordPress.orgから配布されているWordPressを使えば、独自ドメインで年間5,000円程度で運用可能なんです。

 

スポンサードリンク

WordPressとは?

ここで言うWordPressとは、WordPress.comではなくて、WordPress.orgから配布されているWordPressを使ったサービスの説明です。

WordPressはオープンソースのブログ用のコンテンツマネジメントシステムです。

 

コンテンツマネジメントシステムのシェアについては以下にまとめました。

piechart
今日はコンテンツマネジメントシステム、CMSのシェアの話題です。コンテンツマネジメント(CMS)のシェアコンテンツマネジメントシステム(CMS)とは、WEBサイ...

 

個人的な見解では、WordPressの最大のメリットはユーザー数が圧倒的に多いためノウハウが多い、プラグインなど便利なツールが多い点だと思っています。

 

一方、デメリットは、ユーザー数が多いがゆえにハッキングの対象になりやすいということです。

例えば、私自身が運用しているVPSでDDOS攻撃を受けた体験談を以下にまとめました。

wordpress-logo
この度、私が使っているお名前.comVPSがここ数週間、障害に見舞われ数時間停止してしまいます。毎回、サーバーを再起動して運用しておりました。お名前.comのV...

 

もっとも、このハッキングの対象になりやすいという点については、

  • 自前でVPSで運用するのではなくて、大手のレンタルサーバーに任せる
  • こまめにWordPressのセキュリティパッチをアップデートする

というので対策できるかと思います。

 

スポンサードリンク

WordPressで独自ドメインを使えるおすすめのレンタルサーバー

WordPressで独自ドメインを使うことが出来る安いレンタルサーバーなら、ネットオウル株式会社の以下のサービスがおすすめです。

 

冒頭のWordPress.comなら年間12,000円ぐらいかかったり、アメブロや無料のはてなブログと異なり独自ドメインを使ってオリジナリティのあるブログを作ることが出来ます。

ネットオウル株式会社という名前に馴染みがないかもしれませんが、レンタルサーバーとしては大手の一社です。

 

ミニバード、ファイアバード、クローバーの違いをまとめてみました。

チェック項目 ミニバード ファイアバード クローバー
初期設定費(円) ¥1,500 ¥2,000 ¥5,000
月額(円) ¥300 ¥600 ¥1,800
月額最安値(円) ¥250 ¥500 ¥1,500
初年度年間料金(円) ¥4,500 ¥8,000 ¥23,000
ディスク(GB) 50 100 150
マルチドメイン数 50 無制限 無制限
サブドメイン数 1000 3000 無制限
MySQL DB数 5 10 50
転送量(目安)(GB/月) 150 300 1000
メールアドレス数 500 1000 無制限
メーリングリスト数 500 1000 無制限
メール送信数(通/日) 500 800 800
FTP複数ユーザでの管理(人数) 2 5 10
インストール機能 WordPress
Movable Type Open
concrete5
Drupal
EC-CUBE
Joomla
MODX
PukiWiki
Xoops Cube
Zen Cart
ネットショップオーナー5
ダヴィンチカート4
 WordPress
Movable Type Open
concrete5
Drupal
EC-CUBE
Joomla
MODX
PukiWiki
Xoops Cube
Zen Cart
ネットショップオーナー5
ダヴィンチカート4
 WordPress
Movable Type Open
concrete5
Drupal
EC-CUBE
Joomla
MODX
PukiWiki
Xoops Cube
Zen Cart
ネットショップオーナー5
ダヴィンチカート4

※ 月額と月額最安値が異なるのは、契約期間により割引が適用されるためです。

 

今なら、初期費用無料サービスを行っているので、ミニバードで年間3,240円ですよ。

WS000452

ネットオウルのレンタルサーバーはWordPressがお手値段で使える、めっちゃ便利なサービスだと思います。

 

↓ネットオウルのレンタルサーバーの詳細はこちら

 

スポンサードリンク

独自ドメインを合わせて買う

レンタルサーバーと同時に取得しておきたいのが、独自ドメインです。

独自ドメインは、レンタルサーバーと同じ会社でなくてもいいのですが、同じ会社にまとめておいた方が管理が楽です。

 

ネットオウルの場合、ドメインはスタードメインというブランド名でやっています。

 

 

↓スタードメインの詳細はこちら

 

 

SSL証明書を合わせて買う

独自ドメインと同時に取得しておきたいのが、SSL(https)証明書です。

SSL証明書はSSLボックスというブランド名でやっています。

 

↓SSLボックスの詳細はこちら

 

ミニバード、ファイアバード、クローバーでSSL証明書を利用するには、別途、固定IPアドレスオプションが必要です。

 

option_ip_address_main_img

 

■ご注意
「Let's Encrypt」「CoreSSLワイルドカード」「ラピッドSSLワイルドカード」においては、固定IPアドレスオプションが利用出来ないために、ミニバード/ファイアバード/クローバーでの利用が出来ません。

 

ミニバード、ファイアバード、クローバーでSSL証明書を使うには、「CoreSSL」「ラピッドSSL」「GeoTrustクィックSSLプレミアム」等を利用する必要があります。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です