夏の寝苦しい夜にエアコン(クーラー)を使わない対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

summer

 

夏の夜って寝苦しいですよね?

 

 

こんな経験ありませんか?

窓を開けて寝ようとしても、窓の反対側を開けられないと風が通らないのでムッとした空気が入ってくる。

エアコン・クーラーをつけたいけど寝冷えしてしまうのでエアコンは苦手。

シーツをかぶると暑い。

かといってシーツをかぶらないと冷える。特に、二の腕のあたりが冷える。

 

 

 

私もかつては、これらを経験しましたが、今では多少の対策を行って乗り切っています。

私が今使っている夏の夜の寝苦しさ対策は次の通りです。

 

スポンサードリンク

ニトリの接触冷感

ニトリモールができたので、ニトリを散歩していて見つけたシーツが接触冷感というものです。

nitori300x300
株式会社ニトリホールディングスが運営するショッピングモール、ニトリモール枚方が2016年4月20日にオープンします。正確なオープン日はまだ未発表です。国道一号線...

 

 

アマゾンで売っていたのは、以下のものですが、ニトリで売っていたものと同じものだと思います。

 

ottostyle.jp ひんやりシーツ 接触冷感ソフトクール使用 涼感ひんやり敷きパッド 97×195cm シングル 【吸水/発散/速乾/清涼快適】

 

 

このシーツですが、他のシーツと比べてみると分かりますが、触ってみるとひんやりと感じます。

接触冷感の説明にも書いてありましたが、手が触れたとき、「冷たい」と感じるのは、手から移動する熱の量が多いためです。

このことを「接触冷感」と呼んでいます。

このシーツがあれば寝苦しい夏の夜を涼しくすごせます。

 

これ以外のシーツを使っていた時は、朝になって汗だくになっていたのですが、接触冷感のシーツはさらっとしてベトつかないです。汗をすっと吸収している感じです。

 

 

そのまま洗濯も可能です。

ottostyle

(画像はアマゾンのottostyle.jpからの引用)

 

 

スポンサードリンク

クリスタルアイスの凍らない氷まくら

なんとも不思議な氷枕を使っています。

 


クリスタルアイスシリーズ 凍らない氷まくら クリスタルアイス氷枕 Lサイズ

 

仕様 寸法:W390×D180×H40(mm)
質量:約1700g

 

クリスタルアイスの凍らない氷まくらです。

 

冷凍室に常時いれておいても、中のボールだけが凍り、全体的には固まらないため、常にソフトな感触で使えます。氷を割る手間がありません。

アイスボールが泳ぎ、不凍水が対流するため持続時間も長く、使用中に裏返す必要もありません。

アイスボールはツボを刺激する効果もあります。

 

スポンサードリンク

コロナの除湿機を使って湿度を下げる

湿度は体感温度に影響するんですよね。

エアコンをつけない場合は、窓を開けて湿度を取り込むよりも、窓を閉めて除湿機を付ける方が効果的です。

 

WS000667

(ダイキン工業: http://www.daikin.co.jp/air/knowledge/labo/tsuyu/index.html)

 

除湿機はコロナ製を使っています。

コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 除湿量6.3L(木造7畳・鉄筋14畳まで) 10年交換不要フィルター搭載 ホワイト CD-P6316(W)

10年間フィルター交換が不要なのがいいですね。

 

 

これらのグッズで暑い夏の夜をクーラーなしでなんとか乗り切ろう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です