三菱レーヨンのクリンスイ浄水器 A601NCの水漏れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

waterbulb

 

自宅の三菱レーヨンのクリンスイ A601NCの専用水栓(清水)が水漏れしてきました。

レバーをしめても、ポタポタと数秒に1回水滴が落ちてきます。

一晩でコップ2杯ぐらいになります。

さすがにまずいと思い、水漏れを修理できるのかどうかやってみました。

 

スポンサードリンク

純正の交換用のスピンドルを買う

まず、専用水栓(清水)のレバーの丸いところにあるゴム状の蓋?プラスチック?を開けてみます。

なかなか外れにくいのですが、多少傷つけてもいいかと思い、ドライバーの先がとがったやつで少し刺してエイっと取りました。

 

すると、中からプラスのネジが見えました。

IMG_8318

 

 

プラスネジを開けてみました。これも結構固い。

IMG_8231

 

中から出て来たのはスピンドル。

この金色のスピンドルという部品を交換すればよいようです。

 

 

スピンドルを買ってみました。

IMG_8311

純正なら、スピンドルとゴム状の蓋?プラスチックの蓋?がついてA20-3という部品で、3,480円です。

 

 

後で分かりましたが、「カクダイのクォーター上部 070-001」と互換性があるようです。

 

 

カクダイ クォーター上部 070-001
純正にこだわらない人ならこれで十分です。

ただし、これだとゴム状の蓋はついてこないので注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク

モンキレンチで分解を試みる

 

で、古いスピンドルをモンキレンチを使って開けてみます。

IMG_8324

 

 

。。。。固い。

 

開かない。。。

 

 

モンキレンチ以外の工具で試してみました。

 

DSC00946

 

左から、ウォーターポンプサプライヤー、HANDIWORKグリップ付モンキースパナ、コンビネーションレンチ、モンキレンチです。

 

すべて試したのですが、固くて固くて。。。。開きません。

 

 

特に以下のウォーターポンプサプライヤーは、水栓の開け閉め専用で、わざわざこのために買ったのですがダメでした。

 

ウォーターポンプサプライヤー

 

 

 

ネットで調べてみると、これで開いたって人もいたので期待していたのですが。。。

 

 

コンビネーションレンチは17mmでスピンドルの直径にピッタリ合うのですが、力まかせでやるとクリンスイの根元が折れそうでした。

 

 

他にも以下のパイプレンチと言われるものも使いましたが、開きません。

GREATTOOL パイプレンチ 450mm GTPW-450

 

 

。。。。で、諦めました。

 

スポンサードリンク

三菱レーヨンに電話して新品のR-A103取替セットをつける

業者の人いわく、他のパッキンも傷んでいる可能性があるので全部変えた方がいいよって。

 

で、新品になりました。

 

スピンドルを外すのではなくて、業者さんは機材をそのまま取替ました。

 

クリンスイのR-A103取替セットです。

IMG_8340

 

。。なんだ、最初からそうしておけばよかった。。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です