Windowsの拡張子「.cmd」ファイルと「.bat」ファイルの違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

windowsupdate320x320

 

Windowsを使っていて「.cmd」というファイルと「.bat」というファイルを見かけることがあります。

共にテキストファイルですが、そのまま実行が可能なファイルです。

両者は、どう違うのでしょうか?

 

スポンサードリンク

CMDファイルとBATファイルの違い

CMDファイルとBATファイルは、振る舞いはほとんど同じですが、その起源が異なります。

 

CMDファイルは、Windows NT系

BATファイル(バッチファイル)は、Windows 95系

です。

 

Windows XPで両者は統合されたので、CMDファイルとBATファイルの違いはほぼありません。

どちらのファイルであっても、Windows 7, Windows 8.1, Windows 10で動作します。

 

 

両者の唯一の違いが、ニュースグループにポストされています。

The only known difference between .cmd and .bat file execution is that in a .cmd file the ERRORLEVEL variable changes even on a successful command that is affected by Command Extensions (when Command Extensions are enabled), whereas in .bat files the ERRORLEVEL variable changes only upon errors.

 

.cmdでは、エラーの時だけでなく、コマンドが成功時も、ERRORLEVEL環境変数が変化する

.batでは、エラーの時だけ、ERRORLEVEL環境変数が変化する

だそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ。。。CMDファイルとBATファイルはほぼ同じ

 

。。。というわけで、結論、CMDファイルとBATファイルは、ほとんど同じ、どちらを使ってもよい。

です。

 

 

 

↓バッチファイルに関する書籍を調べてみました。
バッチファイル

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です