ローカルのWindowsパソコンのWEBサーバーに対してポート80を解放してLANからアクセス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

freelan

 

ごくたまに、ローカルのパソコンのWEBサーバーに対して、他のパソコンからアクセスしたい時があります。

 

デフォルトでは、WEBサイトで使われるポート80番は、Windowsファイアウォールでブロック、クローズされています。

従って、IPアドレスを使って

http://aaa.bbb.ccc.ddd/

のようにアクセスしようとしてもアクセスできません。

 

そこで、ポート80を解放する方法を調べてみました。

 

スポンサードリンク

ファイアウォールとは

まず、ファイアウォールの言葉の定義から。

ファイアウォールは、Firewallのことで、防火壁とか訳されます。

 

IT用語、ネットワーク用語としては、インターネットから不正な侵入を防ぐためのシステムのことです。

ウィルスを火に例えての表現でしょうか。

 

Windowsには「Windows ファイアウォール」、macOSには「アプリケーションファイアウォール」という仕組みがあらかじめ導入されており、パソコンがインターネットから守られています。

 

 

ちなみに、サーバーとしてよく使われるLinux系のOSであるCentOSでは、iptablesやFirewalldが使われています。

iptables、Firewalldについては以下にまとめました。

CentOS7をはじめて使ってみて、あまりにもCentOS6と違って戸惑いました。詳しくは、以下の記事にまとめました。http://urashita.com/a...

 

 

スポンサードリンク

Windowsのファイアウォールを開く

 

「コントロールパネル」⇒「システムとセキュリティ」⇒「Windows ファイアウォール」を開きます。

 

さらに、「詳細設定」を開きます。

 

WS000153

 

 

「受信の規則」から「新しい規則」を追加します。

 

WS000154

 

 

「TCP」の特定のローカルポート「80」を設定します。

 

 

WS000146

名前を「HTTP」として「完了」して保存しておきます。

 

 

WS000147

これで、TCPのポート80が解放されました。

 

 

ローカルのWEBサーバーにLANからアクセスするときだけ、このポート80の解放を適用しましょう。

通常は、ポート80は閉じておく方が安全です。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です