error CS0234: 型または名前空間名 'Office' は名前空間 ’Microsoft’ に存在しません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラム中で、Excelファイルを作成したり、Excelファイルを開いてセルに値を入力したりするケースはよくあると思います。

今回、C#でプログラムで、Excelファイルを作成してセルに数字を入力して保存するアプリケーションを作ってみたら、色々とエラーが出ました。

解決出来たので解決策をメモします。

スポンサードリンク

C#でExcelファイルを作成して保存

まず最初に正しく動くプログラムは以下の通りです。

 

このプログラムをVisual Studio 2012で動かします。

フォーム(Form1)とボタン(button1)を作成しボタン(button1)を押すと、プログラムから、Excelを作成してセルに数字を入れて保存することが出来ます。

GW-02530

 

プログラムを実行します。

GW-02531

 

button1を押すと、ドキュメントフォルダに以下のようにExcelファイルが作成されました。

GW-02532

スポンサードリンク

error CS0234: 型または名前空間名 'Office' は名前空間 ’Microsoft’ に存在しません。

プログラムを作成中にこのエラーに遭遇しました。

このエラーはExcelアドインが不足しているために発生します。

このエラーを解決するには以下の通りに実行します。

    1. Visual Studio を起動します。
    2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[プロジェクト] をクリックします。
    3. [インストールされたテンプレート] ペインで、[Visual Basic] または [Visual C#] を展開し、[Office] を展開して、[2013] (あるいは [2010] または [2007]) をクリックします。
    4. [テンプレート] ペインで [Excel 2013 アドイン] (あるいは [Excel 2010 アドイン] または [Excel 2007 アドイン]) をクリックします。
    5. [テンプレート] ペインの上部で、[ターゲット フレームワーク] ボックスに [.NET Framework 4] またはそれ以降のバージョンが表示されていることを確認します。
    6. 必要に応じて、[名前] ボックスにプロジェクトの名前を入力します。
    7. [OK] をクリックします。
    8. ソリューション エクスプローラーに新しいプロジェクトが表示されます。

(これは、http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee342218.aspx からの引用です)

実際にインストールしようとしてみた画面は以下の通りです。

image

 

インストール後に、プロジェクト内で「参照設定」⇒マウスの右クリックで「参照の追加」を押します。

「拡張」の中でインストールしたdllをプロジェクトに追加します。

GW-02535

 

error CS0246: 型または名前空間名 'Workbook' が見つかりませんでした。using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。
error CS0246: 型または名前空間名 'Worksheet' が見つかりませんでした。using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。

更にこのようなエラーに遭遇しました。

このエラーは、以下の記述が足りないだけなのでプログラムに追加します。

using Microsoft.Office.Interop.Excel;

 

実際、調べてみるとExcelアドインを追加した際に、Microsoft.Office.Interop.Excelというdllが参照に追加されています。

GW-02501

 

Excelだけでなく、InfoPath、Outlook、PowerPoint、Project、Visio、Wordも同様にアドインを追加することでC#のプログラムから作成、保存することが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です