シャワーホースの交換方法・費用(カクダイ 366-900-W)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INAXのシャワーホースを10年ぐらい使っていたのですが、かなり劣化してきました。

ホースが劣化して小さな穴が空いたりしているのを、防水テープで補強してだましだまし使っていたのですが、さすが使いにくいのでこの度交換してみました。

スポンサードリンク

使っているINAXホース(本体 BF-7745T-PU、シャワー BF-6CBP(2.0)-PU )の現状

シャワーホースには型番など書いていないので、現在使っている製品がどういうものかよくわかりません。

取扱い説明書には、本体 BF-7745T-PU、シャワー BF-6CBP(2.0)-PU と書いてあります。

10年ぐらい使っているので、さすがに劣化していますね。

補強している防水テープが痛々しいというか、貧乏くさい感じです。

DSC09083

 

スポンサードリンク

カクダイ(KAKUDAI)の366-900-W リラックスシャワーホースセットを買ってみた

ヨドバシカメラでカクダイ(KAKUDAI)の366-900-W リラックスシャワーホースセットを見つけて買ってみました。

DSC09079

 

DSC09120

値段はヨドバシカメラで3,390円です。

まぁ安いんでしょうかね。

機種選択のポイントは実は現在のホースの元栓に接続できるかどうかです。

接続できるかよくわからなかったので、裏面にかいてある「まず、機種をご確認ください。」をよ~く読みました。

○と△しか書いておらず×がないので、なんとかなるかと思って思い切って買いました。

スポンサードリンク

シャワーホースの交換方法

まず、水の元栓を閉めます。

DSC09092

 

次にシャワーの元栓を開けます。

DSC09095

 

元栓を開けるのに使ったのはこれです。

DSC09112

普通のペンチではシャワーの元栓を開けることが出来ないので、モンキーレンチを使って開けます。

このモンキーレンチ、いつ、どこで買ったものか、思い出せないけれど2,200円したんですね。

 

シャワーホースを外してみたところです。

DSC09102

水の元栓を閉めていないと、水が噴出したと思います。

 

この後、シャワーホースにアダプター、パッキンを付けてそのまま元栓に挿してナットを閉めます。

DSC09104

この後、水の元栓を開けてシャワーのテストをしてみます。

 

シャワーの水はサラサラした感じ。

銀色の金属の部分を回すと水圧が変わります。

DSC09126

シャワーホース交換のまとめ

作業時間は30分程度、思ったより簡単でもっと早く交換してもよかったと思いました。

今回買ったシャワーホースはカクダイのこれです。

amazonで買えば、ヨドバシカメラよりちょっと安いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事、お役に立ちましたら、シェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です