CentOS 7でGUIログイン時にユーザー名・ユーザーリストを非表示

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

現象

CentOS 7でGUIログイン時には、デフォルトではユーザー名一覧が表示されます。

ユーザー数が少ないときはそれほど違和感なかったのですが、ユーザー数が多くなるとスクロールバーが出たりして見栄えがよくないです。

コンソールにはユーザーがログインしてこないし、デフォルトでユーザーが一覧に出てしまうのはいかがなものかと。

コンソールを見ると、そこに登録されているユーザーがバレバレっていうのはセキュリティ上まずいのではないでしょうか。

数百人、数千人をユーザーとして登録する必要があるサーバーもあるだろうに、どうしてこんな仕様になっているんだろう。

CentOS 6の仕様はあまりよく知らないけれど、CentOS 5まではこんな仕様ではなかったような。

WS000202

スポンサードリンク

いろいろと試行錯誤

# gdm dbus-launch gsettings set org.gnome.login-screen disable-user-list true

とすればよいと書いてあるサイトもあるのですが、このコマンドを打ってもレスポンスが返ってきません。

ハングしてしまっている?のでしょうか。

やむを得ずにdconf-editorというのをインストールして実行してみました。

# yum -y install dconf-editor

# dconf-editor

image

org ⇒ gnome ⇒ login-screen ⇒ disable-user-list

概要に「Avoid showing user list」って書いてあるし、いかにもこれかなって思って「チェック」を入れて、再起動してみました。

結果は残念ながら効きませんでした。

これって最初にコマンドラインから実行してハングアップしたことをGUIでやってみてうまくいかなかっただけかな?

スポンサードリンク

解決策

次の方法で解決しました。

以下のファイルを作成します。
# vi /etc/dconf/db/gdm.d/00-login-screen

中身は以下の通りに書き込みます。
[org/gnome/login-screen] # ユーザーリスト非表示
disable-user-list=true

以下を実行します。
# dconf update

念のためにシステムを再起動しておきます。

無事にユーザーリストが非表示になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です