C#でラベルのテキストをインラインで編集出来るように見せるサンプルプログラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerPointでテキストをインラインで変更する機能を、プログラムではどうやって実現するかを考えています。

スポンサードリンク

プログラムの実行例

いきなりですが、サンプルプログラムの実行例です。

起動直後

WS000485

form1にlabel1を貼り付けています。

ここでlabel1の付近をクリックします。

WS000487

label1が選択されたように反転されています。

実は、label1はdisposeして、textBox1を貼り付けたform2が起動しています。

 

WS000494

textBox1を変更します。

Enterを押します。

このタイミングで、form2をdisposeしてlabel1をshowします。

WS000495

label1が変更されました。

スポンサードリンク

プログラムのサンプル

form1にラベルをform2にテキストボックスを使います。

 

form1のlabel1を押すと、form2のtextBox1に置き換わるように、

Point pt = label1.PointToScreen(new Point(0, 0));

を使って位置を調整します。

スポンサードリンク

フォームのプロパティ

form2のFormBorderStyleをSizableからNoneに変更します。

form2のtextBox外側の枠であるBorderStyleをNoneにして消しておきます。

form2の上に貼り付けたtextBoxをピッタリにしてあたかもform2が存在していないかのようにしておきます。

こうすることで、ラベルを押してテキストボックスが表示される遷移がシームレスに見えるようになります。

要望

やっぱりフォントを一文字ずつ変更したいなぁ。

やっぱり文字を回転させたいなぁ。

やっぱり文字を移動させたいなぁ。

とソフトウェアへの要望は限りなく続くのであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です