GitLabでDeveloperならタグ(Tag)を追加できるが削除できない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、Gitのリポジトリ管理としてGitLabを使っています。GitLabについては以下をご覧ください。
CentOS 7にGitHubライクなGitLabを2分でインストールしてみた
ところでGitLabでタグを削除できないという現象でハマったのでメモします。

スポンサードリンク

Gitでタグ(Tag)を削除

Gitでタグを削除するには以下のようにすればよいはずです。
ここでTAGは、タグの名前です。

ブランチも同様です。
ここでBRANCHは、ブランチ名です。

スポンサードリンク

GitLabでタグ(Tag)を削除

GitLabでリポジトリを管理しているので、タグを削除してみました。

ローカルリポジトリのタグは削除できるもののリモートリポジトリoriginのタグは削除できません。

どうやら、私がGitLabのDeveloperという権限であることが原因のようです。
GitLabでは、Developer権限の場合、タグの作成はできますが削除することは出来ません。

試しに、Developer権限より上の権限であるMaster権限でタグを削除してみました。

削除できました!!

ちなみにブランチ(Branch)の作成と削除はDeveloperでも行えます。
わかりにくいけど、どうやらタグは安易に削除するものではないという考え方なんでしょう。
GitLabのユーザー権限・グループ権限でGitLabの権限をまとめています。

スポンサードリンク

まとめ

GitのGUIであるTortoiseGitではremoteリポジトリのタグを削除することができないようです。
メニューがありません。
やはりコマンドを覚える必要はあるようです。
Gitのコマンドについては以下の本が詳しいです。

この記事お役に立ちましたらシェアをお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です