スマホの画面をMHL HDMI端子でディスプレイに出力 TSK09K

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、出先でHDMIマイクロ出力端子⇒HDMI端子(HDMIケーブル ( DH-HD14EU20BK ) を使ってパソコンとテレビ ( REGZA 32R1 ) を接続)を買う予定が、間違えてスマホ用のMHL変換ケーブル2mを買ってしまいました。

本当はパソコンのHDMIマイクロ出力端子からHDMI対応のディスプレイに出力したかったのですが、当然ですが、このケーブルではうまく接続出来ませんでした。

スポンサードリンク

tama製のスマホ用MHL変換ケーブル2m TSK09K

間違って、買ってしまったのは次の製品です。
出先のセブンイレブンで2,000円程度で売っていました。

DSC00019

 

DSC00021

接続方法がやや複雑。必ずUSB電源の供給が必要です。

 

DSC00018

これがケーブルの外観です。
MHL 5pinと11pinのソケットが付属します。

MHLは米Silicon Image社が開発したモバイル機器向け高速映像伝送用インターフェースです。
MHLとは、モバイル・ハイデフニション・リンク、Mobile High-definition Linkのことです。
MHL 1.0 (5ピン)、MHL 1.0 (11ピン)、MHL 2.0 (5ピン)、MHL 2.0 (11ピン)、MHL 3.0 (5ピン)、superMHL (32ピン)があります。

MHLとHDMIマイクロ端子ですが、パッと見では違いが分かりにくいです。

DSC00025

左から、MHL 11pin、MHL 5pin、HDMIマイクロ端子です。
この製品にはHDMIマイクロ端子は付属しません。念のため。

MHLとHDMIの違いですが、映像転送規格といえば、HDMIが先行しています。
一方、後発のMHLはHDMIを意識して設計されています。
スマートフォンなど小型機器にはマイクロHDMI(「type D」ポート)が搭載されていますが、MHLの違いは、電力供給に対応している点です。
このため、MHLではスマートフォンとテレビを接続して映像を出力中でも同時にスマートフォンを充電することが可能になります。
映像出力と同時に充電が行えるのはMHLとHDMIの大きな違いです。

スポンサードリンク

スマホ画面をHDMI端子でディスプレイに出力

間違えて買ったとは言え、せっかくなのでこのケーブルtama製のTSK09Kを使ってみました。

DSC00029

京セラDIGNO S KYL21 にはMHL5pinの端子がついているので接続します。
付属の11pinのアダプターは不要です。

USB microBポートから電源供給する必要があります。

image

フィリップス 223V5LHSB/11 にスマホの画面を表示してみました。

見慣れない画面ですが、スマホ画面をテレビに出力するニーズはありますね。

スポンサードリンク

スマホ用MHL変換ケーブル TSK09Kのスペック

スマホの映像をテレビ等の大画面で楽しめるMHL(USBmicroUSB)⇔HDMI変換ケーブル
最大1080Pの映像をHDMI端子搭載のテレビで視聴可能
本製品への給電/充電用にmicroUSBポート搭載
5→11pinの変換機能付きで幅広いスマホに対応
規格:MHL 1.0接続:microUSB-B/HDMI-A入力:5V/500mA以上コード長:約2m付属品:5pin-11pin変換アダプタ

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です