Google Analyticsのクロスドメイントラッキングの設定方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Analyticsでクロスドメイントラッキングという方法を初めて知りました。

公式ページの説明では、少しわかりにくいので、概要と設定方法をまとめてみました。

https://support.google.com/analytics/answer/1034342?hl=ja

GA_Home_Hero_01_dashboard

 

スポンサードリンク

ドメインをまたいだチャネルの解析はできないという問題点

Google Analyticsで、チャネルを見てみると、Organic SearchやReferralで検索ワードや参照元を調べることが可能です。

ただし、以下のようなドメインをまたいだ場合はどうでしょうか?

WS000255

 

この場合、ドメインxxx.yyyはドメインaaa.bbbからの参照となり、大元の参照元Aから来たのかBから来たのかはわかりません。

 

多くの場合、これでも問題がないのですが、aaa.bbbとxxx.yyyが密接な関連があるサイトであると困ることがあります。

例えば、aaa.bbbがEコマースサイトで、xxx.yyyがASPのショッピングカートサイトである場合です。

この場合、ショッピングカートxxx.yyyの参照元がAなのかBなのかは、集客の上で重要なファクターとなります。

 

スポンサードリンク

Google Analyticsのクロスドメイントラッキング

Google Analyticsでこういった事象に対応するのが、クロスドメイントラッキングです。

クロスドメイントラッキングを使うと、2つのドメインは1つのセッションとして記録されて、サイト間のリンクとも呼ばれます。

 

WS000256

クロスドメイントラッキングを使うには、ドメインaaa.bbbとドメインxxx.yyyで同一のGoogle AnalyticsのトラッキングIDを使います。

 

設定は以下の通りです。

ドメインaaa.bbbでの設定

ga(‘create’, ‘UA-12345678-1′,’auto’,{‘allowLinker’:true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘xxx.yyy’]);
ga(‘send’, ‘pageview’);

 

ドメインxxx.yyyでの設定

ga(‘create’, ‘UA-12345678-1′,’auto’,{'allowLinker’:true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘aaa.bbb’]);
ga(‘send’, ‘pageview’);

ここで赤文字は、クロスドメイントラッキングする場合の追加項目です。

 

スポンサードリンク

まとめ

Google Analyticsのクロスドメイントラッキングは、Eコマースとショッピングカートのようなサイト以外に、強い依存関係のあるサイト間で使うと便利です。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です