Windows Server 2008 64bit版にOracle 10.2.0.4をインストールしました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Windows Server 2008 64bit版にOracle 10.2.0.4をインストールしました

Windows Server 2008 64bit版にOracle 10.2.0.4をインストールしてみました。
インストール手順は以下の通りです。

Oracleのインストーラーの中にあるoraparam.iniの編集を行いました。
「Windows=」に“6.1”を追加しました。
これは、Oracleをインストールする際の前提条件をクリアするために必須です。

image

 

Oracle 10.2.0.4のインストーラーを起動しました。

image

上記の画面にて「拡張インストール(A)」を選択しました。

 

image

上記の画面にて「次へ(N)」を押下しました。

 

image

インストールタイプとして「Standard Edition」を選択して、「次へ(N)」を押下しました。

 

image

上記の画面にて「次へ(N)」を押下しました。

 

image

上記の画面にて「次へ(N)」を押下しました。

 

image

上記の推奨の前提条件のチェックは、特に問題ありません。
そのまま、上記の画面にて「はい(Y)」を押下しました。

 

image

上記の画面にて「次へ(N)」を押下しました。

 

image

上記の画面にて「次へ(N)」を押下しました。

 

image

上記の画面を確認しました。

 

image

上記の画面にて「インストール(I)」を押下しました。

 

image

Oracle 10.2.0.4のインストールが開始されます。
上記のインストール画面を確認しました。

インストールは20分ほどで完了します。

image

上記の画面にて「終了」を押下しました。

 

Oracle 10.2.0.4はサービスで動くので、Windows 2008 Serverを再起動します。
以上で、Oracle 10.2.0.4のインストールが完了しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です