sshで鍵交換(キー交換)を行い、パスワードなしでログインする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sshでログインする際に、パスワードなしでログインしたいことがあります。

今回、公開鍵を交換する方法でパスワードなしでログインする方法を調査しました。

 

スポンサードリンク

公開鍵、秘密鍵の作成と事前設定

やりたいことはこんなことです。

WS000394

 

まず、ログインする側のサーバーAで公開鍵と秘密鍵を作成します。

ユーザーXXXのホームディレクトリで以下のコマンドを実行します。

 

結果として、以下のように秘密鍵と公開鍵が作成されました。

 

秘密鍵 /home/xxx/.ssh/id_rsa

公開鍵 /home/xxx/.ssh/id_rsa.pub

 

次に、ログインされる側のサーバーBのユーザーYYYに、作成した公開鍵を登録します。

YYYのホームディレクトリにて、.sshというフォルダを作成し、.ssh/authorized_keysというファイルを作成します。

authorized_keysの中身は、/home/xxx/.ssh/id_rsa.pubをそのままコピペしておきます。

 

注意点として、.sshのディレクトリの権限を必ず

にしておく必要があります。

 

このように設定しておかないと、パスワードなしでログインすることが出来ません。

 

スポンサードリンク

sshdの設定

次に、サーバーBでsshdの設定を行います。

 

rootユーザーで、/etc/ssh/sshd_configを開きます。

 

このようになっていた場合、コメントをはずしておきます。

 

以下のコマンドで、sshdを再起動します。

 

CentOS 6の場合

 

CentOS 7の場合

 

スポンサードリンク

パスワードなしでsshログインできるか試してみる

サーバーAのユーザーXXXにて以下のコマンドを実行してみます。

これで無事にノンパスワードでsshログイン出来ることが確認できました。

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です