ロスレス圧縮を行って、WordPressの高速化をやってみた(EWWW Image Optimizer)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EWWW Image Optimizerのインストール作業メモです。

 

スポンサードリンク

ロスレス圧縮(可逆圧縮)を行った動機

PageSpeed Insightsを使って私のページを見てみると速度の改善点があります。

image

修正が必要
画像を最適化する
画像を適切にフォーマット化して圧縮すると、データサイズを大きく削減できます。
xxxx.pngをロスレス圧縮すると、yyyKB(12%)削減できます。」
のように表示があります。

ロスレス圧縮とは、圧縮前と、圧縮処理後でデータが完全に等しくなるデータ圧縮方法のことで可逆圧縮ともいいます。文字通り、「ロス」の「ない」圧縮方法です。

私の場合、すでにサーバーに多くの画像ファイルがあるので、バルクでファイルを圧縮する方法はないかと調べてみたところ、WordPressにはEWWW Image Optimizerというプラグインがあるようです。
さっそくインストールしてみました。

スポンサードリンク

EWWW Image OptimizerのインストールとBulk Optimizeの方法

image

プラグインから、EWWW Image Optimizerを探して、「いますぐインストール」を押します。

image

インストール完了後、EWWW Image Optimizerを「ネットワークで有効化」します。

image

「メディア」→「Bulk Optimize」というメニューから、画像ファイルを一気にOptimize(最適化)します。

image

394個のファイルを20分ほどで、Optimize(最適化)することができました。

その後、再度、PageSpeed Insightsを使って速度の改善を確認します。
image

・・・効果なし。。。
ちょっとがっくりしました。

スポンサードリンク

OptiPNG、PNGOUTを使ってPNGを圧縮

その後、もう少し調べてみました。
画像を最適化するというページに次のように書かれてありました。

PNG では OptiPNG または PNGOUT をおすすめします。

PNGOUTでは画質を変えずにPNGのサイズを小さくすることができます。
image

EWWW Image Optimizeの設定で、デフォルトでは「disable pngout」にチェックが入っているので、チェックを外して「Save Changes」を押します。

image
Plugin Status Requires Attention
pngout:Missing Install automatically | manually
GD:Missing    Imagemagick ‘convert’:Missing
というようなメッセージが表示されます。

pngoutについては、Install manuallyを押します。
また、Imagemagickはよくわからなかったので、サーバーでyumでインストールしました。
以下のコマンドでImageMagickをインストールすることができます。

 

再度、Bulk Optimizeを押しますが、今度は時間がかかるので、夜間に行うなどアクセスが少ないタイミングにゆっくり行うのがよいと思います。
image

私の場合、394個のファイルをOptimizeするのに全部で9時間ぐらいかかりました(ちょっと時間かかりすぎ)。

PNGOUTで圧縮した結果

再度、PageSpeed Insightsを使って速度の改善を確認します。

image

44(Bulk Optimize前)→51(Bulk Optimize後)という結果になりました。
もう少しよくなるかなと期待していましたが、少しずつの積み重ねが大事かなとも思っています。
EWWW Image Optimizerは、バルクで圧縮できるので便利なツールです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です