EclipseでNode Express Projectを作成してみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Node.jsとは

Node.jsはサーバーサイドで動くJavaScript環境です。
従来のJavaScriptはクライアントサイド、つまりブラウザで実行されるために、ブラウザによって動きが違ったり速度が違ったりします。
クライアント実装であるために、IE6の頃のJavaScriptは超遅かったのですが、IE9以降は速度も改善されています。
一方、Node.jsは非同期IOを特徴に、サーバーサイドで動作し、GoogleのV8 VMで実行されます。

スポンサードリンク

Expressとは

ExpressとはNode.jsでアプリを作るための堅牢でフレキシブルなWebアプリフレームワークです。
基本、アプリを作る上ではExpressを使えばよいと思います。
Eclipseのプラグイン上では以下の説明があります。

Express is a minimal and flexible node.js web application framework,
providing a robust set of features for building single and multi-page,
and hybrid web applications.

スポンサードリンク

EclipseでNode.jsとExpressを使う

EclipseでNode.jsとExpressを使うにはNodeclipseをインストールします。
Eclipseの「Help」→「Install New Software...」から以下を入力してインストールします。
org.nodeclipse.site - http://dl.bintray.com/nodeclipse/nodeclipse/

image

すべてインストールしてよいと思います。

Node Expressアプリケーションの実行

EclipseでNode Expressのアプリケーションを作って実行するには次のようにします。
Nodeclipseをインストールすると、Eclipseの「File」→「New」から「Node Express Project」と「Node Project」を作成することができます。
image

「Node Express Project」を作成してみました。
image
app.jsを選択して、Run As Node Applicationとして実行します。

image

アプリケーションがポート3000番で待ち受けています。

このあとブラウザでhttp://localhost:3000と入力します。

 

このようなエラーメッセージが出ました。
これは、既知の問題で、layout.jadeのdoctype 5をdoctype htmlに変更すると修正されます。

Node.jsは今後も期待できそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です