アイ・オーデータ(IO Data)のBlu-ray (ブルーレイドライブ) を買ってレビューした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bluray

 

このたび、Blu-rayのメディアを読み出す必要があったので、Blu-rayのポータブルドライブを買いました。

 

スポンサードリンク

Blu-ray (ブルーレイ)とは

Blu-rayとはこんなディスクのことです。

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)は、DVDの後継となる光ディスク。 第3世代光ディスクの一種であり、青紫色半導体レーザーを使用する。 規格は「Blu-ray Disc Association」が策定した。 一般的な略称は「BD(ビーディー)」、または単に「ブルーレイ」と呼ばれることも多い。

 

Blu-rayは、HD DVDと規格をめぐる争いを繰り広げ、2008年2月に東芝がHD DVDから撤退することによって、標準的な次世代メディアとして確立されました。

 

ちなみに、名称が「Blue-ray」ではなく「Blu-ray」になっているのは、「Blue-ray Disc」とすると英語圏では「青色光(で読み取る)ディスク」を意味する一般名詞と解釈される可能性があり、商標として使用できないからだそうです。

 

Blu-rayの記憶容量は1層でも25GBあります。

 

ところで、ブルーレイは過去のDVDの普及率などに比べると伸び悩んでいるようです。

 

近年、映像コンテンツの視聴においては DVD や BD といった物理メディアに対し YouTube や Hulu などインターネット経由の映像ストリーミングサービスが頭角を現しており、一部ではすでに4K対応も進みつつあります。一方で、BD プレーヤー/レコーダーの国内普及率は、内閣府の消費動向調査によれば 53.2%(平成26年度)にとどまっている状態。Ultra-HD Blu-ray の規格化と対応プレーヤーの発売がこの流れにどのように影響するのか、注目したいところです。

http://japanese.engadget.com/2015/05/14/4k-ultra-hd-blu-ray-hdr/

 

確かに、HuluやAmazonビデオでも十分という気もします。

また、ハードディスクレコーダーがあれば、ブルーレイは必要性は感じませんね。

 

スポンサードリンク

アイ・オー・データのポータブルブルーレイ

このたび、I・O DATAのEX-BD03Kというポータブルタイプのブルーレイドライブを買いました。

この機種を買った理由は、USBのバスパワータイプなので、AC電源が必要がない点と、とにかくコンパクトなことです。

 

I-O DATA Blu-ray ブルーレイ BDドライブ mac 外付け ポータブル USB3.0/バスパワー対応 薄型モデル EX-BD03K

 

 

注文すると、翌日に届きました。

dsc01156

 

 

dsc01157

USBの口の色が青いのでUSB 3.0と分かります。

usb
最近、USB3.0でしか動かないデバイスが出回るようになりました。私のパソコンPanasonicLet’snoteCF-LX3JEAWRには、幸いUSB2.0と...

 

 

dsc01173

見た目は、よくあるUSBタイプのCD/DVDプレーヤーと変わりません。

 

 

ただ、このIOデータのブルーレイプレーヤーには、以下のようなブルーレイのロゴがどこにも書いてありません。。。

bluray

 

ちなみに問題なく使えます!

というかとても使いやすいです。

 

ロゴがないのが唯一気になる点でした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です