エラー 175:指定されたストアプロバイダーが構成内に見つからないか、無効です。の解決方法

プログラミング

エラー 175:指定されたストアプロバイダーが構成内に見つからないか、無効です。

というエラーの解決方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エラー発生環境

このエラーは以下の開発環境で発生しました。

Windows 7 64bit

.Net Framework 4.5

Visual Studio 2012

SQLite version 3.8.7.1

エラー内容

このエラーは、Visual Studio 2012でSQLiteへのアクセスのあるプロジェクトを開いたときに発生しました。

image

日本語では「エラー 175: 指定されたストアプロバイダーが構成内に見つからないか、無効です。」

英語では「error 175: the specified store provider cannot be found」

「エラー 175: 指定されたストアプロバイダーが構成内に見つからないか、無効です。」の解決方法

データベースへのアクセスのあるプロジェクトでは、データベースへのアクセスするためのドライバーソフトが必要です。

SQLiteの場合、.NET対応のSystem.Data.SQLiteをインストールする必要があります。

http://www.sqlite.org/download.html

をブラウザで開くと以下の項目があります。

Precompiled Binaries for .NET

System.Data.SQLite
Visit the System.Data.SQLite.org website and especially the download page for source code and binaries of SQLite for .NET.

System.Data.SQLite

を開いて、自分が使っているWindows環境(32bit/64bitと.NET Frameworkのバージョン)に適合したSystem.Data.SQLiteをダウンロードしてインストールすると、このエラーは解決します。

ADO.NET、ADO、OLE DB

Visual Studioアプリケーションからデータベースへのアクセスする手段として、ADO.NET、ADO、OLE DBという3種類の方法が用意されています。

この中で、特にADO.NETについてマイクロソフト/.NET Frameworkでは、データベースへアクセスするためのソフトウェア(ドライバー)をデータプロバイダと呼んでいるようです。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa290751%28v=vs.71%29.aspx

System.Data.SQLiteもこの一種です。

プログラミングの無料レッスン体験

約8,000名の受講生と80社以上の導入実績のあるプログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp

<Codecampの特徴>

1 現役エンジニアによる指導

2オンラインでのマンツーマン形式の講義

3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム

↓無料体験レッスン実施中です。

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp