GitLabでPipeline failed、パイプライン失敗の原因と無効にする方法

ITで知っておくべき知識

GitLabでPipeline failedと表示されるようになりました。

スポンサーリンク

GitLabでPipeline failed

GitLabにログインしてプロジェクトの詳細 (Details) 画面を見てみると、Pipeline failed と書かれていました。

 

Pipelineとは何なんでしょうか?

なぜ失敗したんでしょうか?

GitLabのPipeline (CI/CDパイプライン) とは?

GitLabのパイプラインとはGitLab 8.8で導入された機能で、ビルド、テスト、デプロイを自動化する仕組むのようです。

https://www.gitlab.jp/stages-devops-lifecycle/continuous-integration/

 

継続的インテグレーション(CI) パイプライン

継続的デリバリー(CD) パイプライン

の2つあるようです。

Pipeline faildを無効にする方法

Pipeline faildを無効にする方法は次の通りです。

既存のプロジェクトでPipelineを無効化

デフォルトで Pipeline の機能が有効になっているので、無効にする方法は次の通りです。

GitLabにログインし、プロジェクトの画面で
[Settings] > [General] > 「Pipelines」 をオフにする。

[Save changes] を押して保存します。

すべてのプロジェクトでデフォルトでPipelineを無効化

管理者でログインし、
[Admin Area] > [Settings] > [CI/CD] > 「Default to Auto DevOps pipeline for all projects」 のチェックを外す。

[Save changes] を押して保存します。

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました