chromeos.hexxeh.net版のChromium(クロミウム) OSをVMwareにインストールしてその後、諦めた話(Chromium OSバージョン 28.0.1484.1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Chrome OSとChromium OSの違い

Chrome OSはGoogleが開発しているLinuxベースのオペレーティングシステムです。
Linuxのディストリビューションの中でもGentooをベースに開発されています。
2014年10月21日現在の最新バージョンは、2014年10月16日リリースの38.0.2125.108です。
Chrome OS単体での提供は行われておりません。
Chrome OSはChrome Bookというハードウェアに組み込まれて出荷されていますが、日本では法人および教育向けしか売り出されていないようです。
コンシューマー向けにChrome OSを搭載したChrome Bookが日本で販売される時期はまだ未定ですが、そのうち発売になるにのではないかと思います。
一方、Chromium(クロミウム) OSはChrome OSをベースにオープンソースのコミュニティが開発しているオペレーティングシステムです。
Chromium OSのオフィシャルWEBサイトは、http://www.chromium.org/chromium-os ですが、日本語のページはまだ存在しないようです。
今回、Chromium OSの著名な配布サイトであるhttp://chromeos.hexxeh.net/ からVMware版をインストールしてみました。

スポンサードリンク

Chromium OSのインストール

http://chromeos.hexxeh.net/は著名な更新をストップしたChromiumの配布サイトです。
2013年4月20日版が最新それ以降の更新はありません
とりあえずVMwareでてっとり早くChromium OSを動かすにはここからダウンロードするのが早いと思ってダウンロードしてみました。
http://chromeos.hexxeh.net/ をブラウザで開き、Build 4028のVMWareと書いてあるところからファイルをダウンロードしてみます。
image
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.zipというzipファイルがダウンロードされるのでダウンロード後に解凍しておきます。
解凍すると、以下の2つのファイルが展開されます。
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmdk
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmx
いったんこのファイルはそのままにしておきます。

WindowsからVMwareを起動して、新しい仮想マシンを作成します。
あとで仮想マシンを上書きするので、ここではとりあえずひな形だけを作成します。
image
「新しい仮想マシン ウィザード」から「後でOSをインストール(S)」を選択して「次へ(N)」を押します。

image

ゲストOSの選択では「その他」を選択して「次へ(N)」を押します。

この後、仮想マシンの名前を設定するところでは名前を「Chromium OS」としておきます。

image
さらに、ディスク容量の指定で「仮想ディスクを単一ファイルとして格納(O)」を選択して「次へ(N)」を押します。
先ほどのダウンロードファイルを上書きするために、必ず、「仮想ディスクを単一ファイルとして格納(O)」を選んでください。

VMwareのひな形が作成できたら、いったんVMwareを終了します。
エクスプローラーから「マイドキュメント」→「Virtual Machines」→「Chromium OS」を見てみます。
以下のファイルが作成されているのがわかります。
image
Chromium OS.vmdk
Chromium OS.vmsd
Chromium OS.vmx
Chromium OS.vmxf
という4個のファイルがあることが確認できます。
ここで先ほどダウンロードした2個のファイルをこのフォルダに移動します。
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmdk
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmx
Chromium OS.vmdkとChromium OS.vmxの2個のファイルを削除します。
次に以下の2個のファイルを削除したファイル名にリネームします。
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmdk→ Chromium OS.vmdkにリネーム
ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmx → Chromium OS.vmxにリネーム

次にChromium OS.vmxを修正します。
id0:0.fileName=”Chromium OS.vmdk”のように名称を変更し、
ethernet0.addressType=”generated”を削除して
ethernet0.virtualDev=”e1000”を追加します。
実際に修正した元のvmxファイルと修正後のvmxファイルの中身は以下の通りです。
元のChromium OS.vmx

修正後のChromium OS.vmx

この後、VMwareからChromium OSを起動します。

GW-01810

無事にChromium OSの起動が確認できました。
言語の選択で「日本語」、キーボードの選択で「日本語キーボード」を選択可能です。
この後、GoogleのアカウントにログインするとChromium OSを使用することができます。
起動後、取り急ぎChromiumを使ってブラウザとして使えることは確認できました。

GW-01815
Chromium OS起動後の画面

スポンサードリンク

お使いのChromeのバージョンは、ウェブストアでサポートされていません。

今回インストールしたChromium OSを起動して、Googleアカウントにログインしても使えるものはChromiumブラウザぐらいです。
そこで、何かアプリをダウンロードしてみようとChromeウェブストアを開いてみると

お使いのChromeのバージョンは、ウェブストアでサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをダウンロード

と表示されてウェブストからアアプリケーションをインストールすることができません。

image

取り急ぎ、現在のChromiumのバージョンは何かを調べてみます。
Chromium OSのバージョンを調べるには、Chromiumからchrome://chromeと入力します。
image
chromeos.hexxeh.net版のChromiumは
バージョン 28.0.1484.1(195382)
プラットフォーム 4028.0.2013_04_20_1746(Developer Build - hexxeh) vanilla x86-generic
ファームウェア 6.00
でした。

調査した結果、以下の事実がわかりました。
Chromeバージョン28は古すぎてChromeウェブストアでサポートされておりません。
また、chromeos.hexxeh.net版のChromium OS バージョン28についてアップデートは存在しないようです。

結論:chromeos.hexxeh.net版のChromium(バージョン 28.0.1484.1)は古すぎて使い物にならない

その後、さらに調査した結果、
HexxehのVanilla buildはすでに更新が途絶えており、代替として人気なのが、Arnold the Batというサイトです。
Arnold the Batでは毎日最新版をビルドしているほか、VMware版は存在しないのですが、VirualBox版は存在するようです。
というわけで、Hexxehを苦労してインストールしましたが、これ以上、努力することはあきらめました。。
最初から調べておくべきでした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です