InstallShield Limited Edition(LE)の使い方、制限、比較、64bit対応、日本語化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Visual Studio 2012に付属でライセンスがついてくるInstallShield Limited Edition(LE)をインストールしました。
InstallShield Limited EditionはUIが日本語化されておらず、また、InstallShield Professional Editionに比べて、制限が多いですが、とりあえず手軽にインストーラーを作成することは可能です。

スポンサードリンク

InstallShield Limited Edition(LE)のインストール手順

Microsoft Visual Studio 2012を起動して、新しいプロジェクトを開きます。

image

「インストール済み」→「その他のプロジェクトの種類」→「セットアップと配置」を開くと、「InstallShield Limited Editionの有効化 セットアップと配置」が表示されるので、クリックします。

 

image
InstallShield Limited Edition for Visual Studioという画面が表示されたら、「ダウンロードWebサイトにアクセスします。」を押します。

 

image

InstallShield Limited Editionのシリアルナンバーをメモして、Downloadを押します。

 

image

ダウンロードしたインストーラーを起動して「実行(R)」を押します。

 

image

上の画面が表示されたら「Next」を押します。

image

ライセンス条項が表示されたら「I accept the terms in the license agreement」をチェックして「Next」を押します。

 

image

インストールフォルダはデフォルトのまま、C:\Program Files (x86)\InstallShield\2013LE でよいと思います。
そのまま「Install」を押します。

 

image

インストールが完了したら、「Finish」を押します。

その後、InstallShield Limited Edition(LE)を起動すると、有効化・アクティベーションのダイアログが表示されます。
image

「Activate or Register for free copy of InstallShield」をチェックして「Next」を押します。

 

image

メモしておいたシリアルナンバーを入力して「Activate」を押します。

 

image

アクティベーションが完了したら「Finish」を押します。

その後、InstallShield Limited Edition(LE)を起動すると以下の画面が表示されます。

GW-00534

スポンサードリンク

InstallShield Limited Edition(LE)の使い方

使い方は、簡単というか制限があって決まりきったことしかできません。
Project Assistantの画面を開いて、

  1. Application Information
  2. Installation Requirements
  3. Installation Architecture
  4. Application Files
  5. Application Shortcuts
  6. Application Registry
  7. Installation Interview

の順番に入力するだけです。

Organize Your Setup→General Informationのところで、Setup Languageを「Japanese:日本語」とすれば日本語のインストーラーを作ることは可能です。
ただし、InstallShield Limited Edition(LE)のUIの日本語化はできないようです。
image

スポンサードリンク

InstallShield Limited Edition(LE)の制限、比較、64bit版対応、日本語対応

InstallShield単体では以下の3つEditionが存在します。

  • InstallShield Premier Edition
  • InstallShield Professional Edition
  • InstallShield Express Edition

これらの機能の違いについては、InstallShieldの日本の販売代理店であるnetworldのホームページに詳しく書かれています。
http://www.networld.co.jp/products/is/x5/pro/comparison_pro.htm

これらのEditionとLimited Edition(LE)の違いについては記載を見つけることができませんでした。
InstallShield Limited EditionはExpress Editionと同じかあるいはサブセットになっているぐらいでしょうか。

InstallShield Limited Editionのメニューの日本語化はできませんでしたが、日本語化されたインストーラーの作成は可能です。

64bitのPCでInstallShield Limited Editionを使っている場合、64bit版のmsiのインストーラーしか作ることができません。
32bitのPCでInstallShield Limited Editionを使っている場合なら、32bit版のmsiと64bit版のmsiの二つのプロジェクトを作ることにより、32bit版と64bit版のインストーラーを作成することができます。

InstallShield Limited Edition(LE)のまとめ

Microsoft Visual Studioに付属するので、とりあえずのインストーラーを作るには便利だと思います。
ただ、ちょっとこったことをやろうと思うとできないことが多く、制限も多いです。
一方、InstallShield Professional Editionはちょっと高いかな思います。
Inno Setupというプロジェクトを知った(インストーラー作成にInno Setupが超便利。InstallShieldは複雑で、やりたいことができない)ので、InstallShield Limited Edition(LE)で制限を感じたら、Inno Setupをいろいろと試してみようと思います。

この記事、お役に立ちましたら、シェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です