インストーラー作成にInno Setupが超便利。InstallShield(インストールシールド)は複雑で、やりたいことができない

インストーラーInno Setup

インストーラー作成のソフトウェアと言えば、InstallShield、インストールシールドですね。

これ以外の商用ソフトウェアはほぼ聞いたことがありません。

このインストールシールドなんですが、何度使ってみても複雑で、やりたいことができないことがあります。

そこで、InstallShieldの代替として、無料でもそこそこ使えるInno Setupを使ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

InstallShieldで作ったインストーラーでインストール先を変更するとデフォルトインストール先フォルダも表示から消える

これまで仕事で何度もInstallShieldを使ってインストーラーを作っていました。

InstallShieldは、インストーラー作成のデファクトスタンダードで、Visual StudioにもLimited Editionという形でバンドルされています(Visual Studio LEとか言われています)。

ただ、このInstallShieldですが、やりたことがうまくできないです。

単に、私のInstallshieldのスキルがないだけでしょうか。

例えば、インストーラー作成の要件として以下の要件があったとします。

  1. インストーラーでデフォルトインストールディレクトリをC:\My Programというフォルダにしたい。
  2. ただし、ユーザーにインストールフォルダの変更を許可し、ユーザーがインストール先を変更した場合、どのドライブ、フォルダを選択しても、My Programをデフォルトインストール先として表示させたい。これは、デフォルト表示のみでユーザーが変更することは可能とする。

要件1は問題ありません。

この要件2をInstallShieldでどうやって実装するのかいろいろと調べてみましたが、結果として、簡単ではないようです。

たとえば、InstallShieldを使っているであろう、Apacheのインストール の途中で、インストール先を変更した時の動きは以下の通りです。

image

インストールの途中で「Change」を押します。

image

デフォルトのインストール先が表示されています。

image

ユーザーが、C:\を選択したら、途端に

インストールフォルダ(この場合、Apache2.2)が消えてしまいます。

これは不便だと思います。

下手をするとCドライブ直下にインストールされてしまいます。

あるべき姿は、
デフォルトのインストールフォルダは常に表示させて、変更しようと思えば変更することも可能。

とするべきだと思います。

いろいろと、InstallShieldを調べてみたのですが、

InstallScriptのプロジェクトでも、SdAskDestPath2という関数から呼び出されるSelectDirExという関数から、Windows APIであるSHBrowserForFolderが呼び出されているようです。

SHBrowserForFolderはAPIなので、 これを呼び出す側のGUIで制御が必要です。

というわけで、結論として、要件2を満たすことは難しいとわかりました。

そこで、InstallShieldの代替ソフトウェアとしてInno Setupを使ってみました。

Inno Setupで作成したインストーラーではインストール先を変更してもデフォルトインストール先フォルダは表示から消えない

Inno Setup

http://www.jrsoftware.org/isinfo.php

は無料のWindows向けインストーラー作成プログラムです。

公式サイトに書かれている通り、Inno Setupは、1997年にリリース以来、現在は、商用のインストーラーのライバルであり、機能と安定性の点で凌駕してさえいます。

著名なソフトウェアではサクラエディターがInno Setupを使っています。

Inno Setupをインストールしてみました。

インストール手順は以下の通りです。

http://www.jrsoftware.org/isdl.php

を開きます。

image

「Random site」を押してインストーラーをダウンロードします。

インストーラーを起動します。

image

「日本語」を選択して「OK」を押します。

image

「Inno Setup セットアップウィザード」が開いたら、「次へ」を押します。

image

「同意する」にチェックして「次へ」を押します。

image

「参照」を押して、インストール先を変更します。

image

Inno Setup自身のインストーラーもおそらくInno Setupで作られているようです。

インストールドライブやフォルダを変更しても、デフォルトインストール先として「Inno Setup 5」が表示されています。

インストール先を、C:\Users\(ユーザー名)\Inno Setup 5 に変更します。

image

「次へ」を押します。

image

「次へ」を押します。

image

「次へ」を押します。

image

「次へ」を押します。

image

「インストール」を押します。

image

Inno Setupのインストールが終了したので、「完了」を押します。

image

「Cancel」を押します。
Inno Setupですが、日本語のインストーラーを作成することはできるのですが、メニューは日本語化されていないようです。
インストーラーの作成方法は、次章で説明します。

Inno Setupで日本語インストーラー作成

次のようなプロジェクトを作ります。

image

その後「Build」を押して、「Run」を押します。

image

日本語インストーラーが無事に作成されました。

Inno Setupは簡単で便利で無料。InstallShieldよりもいいかも。

InstallShield インストールシールドのおすすめ本

↓InstallShield、インストールシールドのおすすめの本はコチラ 
InstallShield