バタークリームのフランクフルタークランツ

cake

その昔はバタークリームのケーキが売っていたのですが、最近はなかなか見ませんね。

バタークリームのケーキを食べてみたくて調べてみました。

見つけたのがユーハイムのフランクフルタークランツです。

スポンサーリンク

バタークリームとは

バタークリーム(buttercream)は、バターに砂糖、さらに卵白あるいは卵黄を練り合わせ、空気を入れて撹拌させてクリーム状ケーキのアイシング(糖衣)や詰め物に使われます。

冷蔵・冷凍設備が普及し、生クリームでデコレーションすることが容易になるまでは、バタークリームを使うことが多かったようです。

ただ、純正のバターではなく、マーガリンやショートニングを使用してクリームに加工したものもありました。

バタークリームは生クリームと異なり固めで常温でも溶けません。

当然、食べた感触は、生クリームのようなフワっとした感はないですが、私の場合、どっしりとした食感は好きでしたね。

作り方は様々だと思いますが、cookpadにはこんなレシピが載っていました。

材料は以下の通りです。

卵白1個分
はちみつ 10g
バター ( 無塩 )80g
粉糖15g
ラム酒 (無くてもOK)小さじ1/2杯
バニラエッセンスorバニラビーンズ少々

当然ですが、バターと卵と砂糖がメインですね。

フランクフルタークランツとは

1Fベース コピー

フランクフルタークランツは、ユーハイムという神戸にあるケーキ会社の看板商品です。

1919年、第一次世界大戦の青島攻略時に日本軍により占領された青島より、日本へ連行されたドイツ人菓子職人のカール・ユーハイム夫妻は広島県物産陳列館(現:原爆ドーム)にて開催された「ドイツ作品展示会」で日本初のバウムクーヘンの製造販売を行いました。

ユーハイムという会社はこの夫妻に由来しています。

また、フランクフルタークランツという名称は、ドイツ語で都市Frankfurt(フランクフルト)と花輪を意味する Kranz(クランツ)に由来しています。

フランクフルタークランツ(ドイツ語: Frankfurter Kranz) は、ドイツ西部のライン川の支流の一つ、マイン川の下流域に位置する都市フランクフルト・アム・マイン の銘菓です。

リング形の王冠のような形をしたケーキで、全体がバタークリーム(ジャムかゼリーのこともある)で塗られ、上部はクロカン(krokant)と呼ばれるクルミ入りのカラメルで覆われています。

フランクフルタークランツを食べてみた

フランクフルタークランツは神戸の大丸で税抜き1,100円で売っていました。

IMG_7189

これがパッケージです。賞味期限は買った日(製造した日)から5日間です。

IMG_7191

開けてみました。

丸くてドーナッツ状です。8等分すれば食べやすいサイズになります。

IMG_7193

こちらが8等分した一切れです。

さっそく食べてみました。

最近は、生クリーム系の今にも崩れそうなケーキが人気ですが、フランクフルタークランツは、中身の生地(?スポンジ?バームクーヘン?)の部分も硬めでバタークリームがどっしりしています。

あとクルミの食感がアクセントになってたまらない感じです。

生クリームのケーキも美味しいですが、フランクフルタークランツも悪くはないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »