AnkhSVN Subversion for Visual Studio (svnプラグイン) の読み方、ダウンロード、使い方、日本語化は?

Visual StudioのSubversion (SVN) のプラグインを探してみました。

そこで見つけたのは、フリーなAnkhSVN です。

AnkhSVN をダウンロード、インストールして使い方や日本語化を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Subversion とは

Subversion(Apache Subversion)は、さまざまなソフトウェアの開発現場において広く使われているソースコード管理システムです。

標準のコマンドラインクライアント/プロトコルの名称から「svn」と呼ばれることもあります。

このSubversionは、2005年ごろに流行ったバージョン管理システムです。

Subversionでは、それまで主流だったCVSでは出来なかったフォルダの名前変更などが可能であったこととCVSとコマンドが似ていたため、CVSを使っていた多くのプロジェクトがSubversionに乗り換えました。

ただ、Linuxの作者だったLinus TorvalsがSubversionを毛嫌いしていたり、実際に使ってみると、かなり重くて動作がモッサリしていることもあり、Subversionは必ずしも現在主流のバージョン管理システムになっていません。

以下の記事によると、最近は多くのプロジェクトがSubversionからGitに乗り換えているようです。

GitをWindowsクライアント・CentOS 7サーバーにインストールしてみました
このたび、GitをWindowsクライアント・CentOS 7サーバーにインストールしてみました。 インストー...

ところで、私はいまだにSubversionを使っています。

バージョン管理にSubversionを使っていると言ってしまうと、一世代古い気がしますが、とあるプロジェクトでSubversionを使っているので仕方ないんですね。

古いプロジェクトは、ユーザー教育などのコストがかかるために、なかなかGitに移行できないものなんです。

Subversionのクライアント Visual Studioプラグイン

SubversionのWindowsクライアントとしてはTortoiseSVNが有名ですが、エクスプローラーにアドオンとして張り付いてしまう仕様で、文字通りカメのように遅いです。

私は、結構このTortoiseSVNが嫌いです。

TortoiseSVNを使う場合、TortoiseSVNを使ってソースコードのバージョン管理を行い、そのソースコードをVisual Studioで開発するっていう手順をとることになります。

この方法だと、いろいろと面倒な作業が多いので、Visual Studio用のSubversionのプラグインを探してみました。

調べてみると、有名なものに次の二つがあるようです。

1.

AnkhSVN - Subversion Support for Visual Studio

image

2.

VisualSVN Subversion-base version control for Windows

image

両者を比較してみると、AnkhSVNがオープンソースで無料で使えるのに対して、VisualSVNは有料(VisualSVNコミュニティライセンスは無料)のようです。

image

そこで、フリーのAnkhSVNをインストールしてみました。

AnkhSVNの読み方 = アンク エス ブイ エヌ

ところで、AnkhSVNは、何と読むのか分かりにくいですが、

アンク エス ブイ エヌ

でよいようです。

フリーなAnkhSVNのダウンロードとインストール

まず、Visual Studioをインストールします。

そして、Visual StudioがインストールされているパソコンでAnkhSVNのインストールを行います。

私の場合、Windows 7 + Visual Studio 2013という環境です。

たぶん、Visual Studio 2015、Visual Studio 2017でも同じ方法でOKだと思われます。

以下のURLから、AnkhSVNをダウンロードします。

https://ankhsvn.open.collab.net/downloads

image

途中で、レジストレーションが必要な画面になりますがスキップできます。

image

インストーラーをダウンロードしたら、インストールするだけです。

GW-02565

特に迷うことなくインストール出来ます。

AnkhSVN Subversion for Visual Studioを使ってみた

AnkhSVNをインストール後に、Visual Studioを起動します。

Visual Studioの「ファイル(F)」メニューにSubversionという項目が増えていることが分かります。

特に設定などはなく、そのままエクスプローラーのTortoiseSVNと同じように使えます。

image

設定などを行わずに、リポジトリとの比較やコミットが行えるのが奇妙にも思えました。

TortoiseSVNを使っていてSubversionで管理しているフォルダがあれば、.svnというフォルダにリポジトリ情報がすべて含まれています。

そのために、リポジトリ設定などが不要なのですね。

AnkhSVNの日本語化は

AnkhSVNの日本語化の方法を調べてみたのですが、日本語パッチは見つかりません。

たぶん、日本語化の作業が大変なのか、最新バージョンに追随出来なかったなどではないでしょうか。

という訳で、AnkhSVNを使う場合は、英語版でそのまま使いましょう。

コメント

  1. 徐 林山 より:

    AnkhSVNをPCにインストールした後、Visual Studio Express 2013 for web を起動したら、ファイル メニューにはSVN関連のサブメニューは表示されていません。

    何か環境が悪いのでしょうか?