Javaでオブジェクト指向的な「あみだくじ」プログラムの作り方、C言語でも応用できるか?

スポンサーリンク
プログラミング

Javaでオブジェクト指向的な「あみだくじ」プログラムを作ってみました。

オブジェクト指向的な考え方とプログラムのサンプルに自由にお使いください。

 

C言語やC#、JavaScriptでも応用できると思います。

Java「あみだくじ」プログラム概説

以下の考え方でオブジェクト指向的あみだくじプログラムを作ってみました。

 

汎用的なあみだくじを作るクラスAmidaKujiクラスを作る

実行クラスであるRunAmidaKujiクラスから、AmidaKujiクラスのインスタンスを生成する

 

 

image

 

 

「あみだくじ」プログラム実行時のスクリーンショット

「あみだくじ」プログラム実行時のスクリーンショットです。

 

「初期化」で下の数字がランダムで変更されます。

 

「あみだくじ生成」を押すとランダムであみだくじを生成します。

 

GW-02809

 

人数を変更することも可能です。

 

GW-02810

 

Java「あみだくじ」プログラム全文

以下のプログラムは、Eclipseで実行出来ます。

 

RunAmidakuji.java

 

 

Amidakuji.java

 

「あみだくじ」プログラムまとめ

このプログラムだけで、Swingやスレッドの基本的な理解もできると思います。

 

あみだくじのロジックは、交点とぶつかれば必ず曲がるということで、わかりやすいと思います。

 

プログラミングの無料レッスン体験

 

約8,000名の受講生と80社以上の導入実績のあるプログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp

<Codecampの特徴>

1 現役エンジニアによる指導

2オンラインでのマンツーマン形式の講義

3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム

↓無料体験レッスン実施中です。

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

 

 

 

コメント