CentOS 8をVirutualBoxにインストールする手順 (設定、セットアップ)

ITで知っておくべき知識

CentOS 8をWindows 10のVirutualBoxにインストールしたので手順をまとめました。

スポンサーリンク

CentOS 8をインストールするのに用意するもの

あらかじめ以下のものを用意しておきます。

VirtualBox

https://www.virtualbox.org/

 

Windows版のインストーラーをダウンロードしてインストールしておきます。

  • VirtualBox-6.1.18-142142-Win.exe
  • Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-6.1.18.vbox-extpack

CentOS 8

https://www.centos.org/download/

ダウンロードサイトには、いろいろとあって分かりにくいです。

通常のWindowsで使うのであれば、CentOS 8 LinuxまたはCentOS 8 Streamのx86_64版のRPMsからダウンロードすればよいでしょう。

 

CentOS 8 LinuxとCentOS 8 Streamの違いですが、CentOS Streamは、RHELのアップストリーム(開発)ブランチのようです。

先進的な開発版はFedoraと思っていたので、Fedoraプロジェクトとの違いがよく分からない。

 

 

無印のCentOS 8 Linuxは、アップデートのないフィックス版ってことでしょうか。

無印版のisoを用意しました。

http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/centos/8.3.2011/isos/x86_64/CentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.iso

これはCentOS 8の本体のISOイメージです。

CentOS 8をVirutualBoxにインストールする準備

CentOS 8をVirutualBoxにインストールする手順をまとめました。

VirtualBoxを起動

デスクトップからOracle VM VirtualBoxのショートカットをダブルクリックし、VirtualBoxを起動します。

仮想マシンの新規作成

Oracle VM VirtualBox マネージャーで「新規」をクリックします。

 

仮想マシンの作成

名前とオペレーティングシステム

名前:CentOS8
タイプ:Linux
バージョン:Red Hat (64-bit)

メモリーサイズ

4096MB

ハードディスク

仮想ハードディスクを作成する
ファイルの場所:C:¥Users¥username¥VirtualBox VMs¥CentOS8¥CentOS8.vdi
ファイルサイズ:20GB
ハードディスクのファイルタイプ:VDI (VirtualBox Disk Image)
物理ハードディスクにあるストレージ:可変サイズ

 

「ガイド付きモード」ボタンを押すと各設定の意味を確認できます。

 

「作成」を押すと仮想マシンが作成されます。

仮想マシンの設定

作成した仮想マシンの設定を行います。

「CentOS8」を選択して「設定」ボタンをクリックします。

 

ディスプレイの設定

「ディスプレイ」を選択します。

 

グラフィックスコントローラー:VBoxVGA

デフォルトはVBoxVGAです。解像度は800x600のようです。

これを選択すると、GUIインストールの途中で画面が狭くて右側が切れてしまいます。

ただし、何とか選択してインストールは可能です。

 

グラフィックスコントローラー:VBoxSVGA

解像度は1024x768のようです。

これを選択するとインストールの最後の時点でチカチカと画面が崩れます。

ただし、インストールは完了します。

 

今回は、VBoxSVGAを選択します。

ストレージの設定

「ストレージ」を選択します。

 

「コントローラー:IDE」の「光学ドライブ追加」のアイコンをクリックします。

メディアで「追加」ボタンをクリックします。

ダウンロードしているCentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.isoを選択します。

CentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.isoが追加されていることを確認し、「選択」をクリックします。

コントローラー:IDEにCentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.isoが追加されていることを確認します。

 

コントローラー:IDEにCentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.isoを追加することで、起動時にインストールメディアとしてCentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.isoが起動されます。

ネットワークの設定

「ネットワーク」を選択します。

割り当てに「ブリッジアダプター」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

CentOS 8をVirutualBoxにインストールする開始

仮想マシンを起動

「CentOS8」が選択されている状態で「起動」ボタンをクリックします。

起動時にインストールメディアとしてCentOS-8.3.2011-x86_64-dvd1.isoが起動されます。

メニュー選択

「Install CentOS Linux 8」を選択して「Enter」キーを押下します。

CentOS8をインストール画面小さくて切れる

CentOS8をインストール画面小さくて切れることがあります。

これは「ディスプレイ」として

グラフィックスコントローラー:VBoxVGA

を選択していることが原因です。

 

 

グラフィックスコントローラー:VBoxSVGA

を選択すると画面が切れずにすべて表示されます。

 

ただし、インストールの途中でインストール画面がチカチカ乱れておかしくなります。

画面が乱れてもインストールは完了するのでそのままインストールを完了させましょう。

インストール時に使用する言語を選択

最初にインストールに使用する言語の選択が表示されます。

インストール時に使用する言語として「日本語」を選択し「続行」ボタンをクリックします。

 

CentOS8をインストール開始

以下の設定を行います。

キーボード:日本語
言語サポート:日本語
時刻と日付:アジア/東京タイムゾーン
rootのパスワード:パスワード設定
ユーザーの作成:ユーザー作成
インストール先:自動パーティション設定
ネットワークとホスト名:Ethernetを「オン」に設定

 

「インストールの開始」ボタンを押します。

 

 

インストールの最後で画面がチカチカと乱れておかしい

インストールの最後で、画面がチカチカ乱れておかしな状態になってもインストールは完了するので、そのままインストールを完了させましょう。

CentOS 8でログインして最後の設定

インストールが完了したら、rootと作成したユーザーでログインします。

画面に従い最後の設定を行います。

 

VBoxSVGAを選択した場合は、ディスプレイサイズは1024x768になっています。

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました