SQL Serverで自動連番のIDENTITYの値の確認方法、変更方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

microsoft_sql_server_2008
最近、マイクロソフトのSQL Serverを使っています。

 

SQL ServerのコマンドラインインターフェースであるT-SQLの簡単な使い方は次の通りです。

SQLServerのコマンドラインインターフェース(CLI)を使って、初めてT-SQLを使ってみたのですが、MySQL上がりの私にとっては、何もかもが、とにかく...

 

 

SQL Serverでは、カラムにIDENTITYを設定すると自動的に連番が指定されます。

SQL ServerのIDENTITYは、MySQLのAUTO_INCREMENTに相当します。

 

 

リレーショナルデータベースのテーブルでは、基本的に1列目のカラムをIDとして、自動連番を設定します。

IDENTITYの値の確認方法と変更方法をまとめました。

 

 

スポンサードリンク

IDENTITYの値の確認方法

IDENTITYの値の確認方法は次の通りです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

IDENTITYの値の変更方法

IDENTITYの値の変更方法は次の通りです。

 

 

テストするときに、自動連番を元に戻す時に使用します。

 

 

 

SQL Server関連の書籍として以下があります。


SQL Server 2016の教科書 開発編

 

 

SQL Server関連の他の書籍はこちらをご覧ください。
SQL Server関連の書籍

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です