スパム resellerclub scam をGoogle Analyticsから除去する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

また形を変えてロシアからスパムがやってきました。

最近、スパムの記事ばっかりです。

スポンサードリンク

resellerclub scam とは?

これは、本日の私のサイトのGoogle Analyticsの国別レポートです。

image

これは、本日の私のサイトのGoogle Analyticsの検索ワードです。

image

resellerclub scam なんてワード、この記事で初めて書くので、検索で引っかかって私のサイトにたどり着くはずがありません。

これは、昨年12月から増えてきたロシア発のスパムの仲間です

過去の記事は以下の通りです。

リファラースパム(リファラスパム、referer spam) econom.co、darodar.com ブロック対策方法(ブロック出来ない?)

ilovevitaly.com は、リファラースパム(referer spam)か

Google Analyticsの表示からリファラースパム(referer spam) priceg.com を除外する

リファラースパム(referer spam) blackhatworth.com をGoogle Analyticsから除外する

リファラースパム(referer spam) hulfingtonpost.com をGoogle Analyticsから除外する

過去のリファラースパムと違うことは、検索ワードがスパムになっていることです。

ただ、過去のロシアのスパムと異なり、今回のスパムの意図はちょっと不明です。

リファラースパムなら、ドメイン情報をもとにサイト運営者がスパムサイトを訪問してくれるかもしれないっていうので意味があるのですが、今回のような場合、サイト運営者は検索ワードからスパム作成者のサイトを訪問しませんからね。

スパム作成者の意図はどういうところにあるんだろう?

単なる愉快犯なんでしょうか。

スポンサードリンク

resellerclub scam をGoogle Analyticsから除去する

Google Analyticsにログインして、「アナリティクス設定」を開きます。

ビューを選択して、フィルタを開きます。

「新しいフィルタを作成」を押して、「フィルタ名」を入力、「フィルタの種類」として「カスタム」を選んで「除外」⇒「フィルタフィールド」⇒「検索語句」⇒「フィルタパターン」として、resellerclub と入力して保存します。

image

もう一つ設定しておきます。

「アナリティクス設定」からプロパティを選択して、ユーザー管理を開きます。

「検索ワード除外リスト」に検索ワードとして、resellerclub と入力して保存します。

image

ここで気づいたのですが、”resellerclub”で検索してこの記事にたどり着いた場合、上記のフィルターではじかれるので統計に出てきません。

従って、この記事への検索そのものが統計からはじかれるわけです^^;

私の場合、フィルタの付いていないビューとフィルタ付きのビューの二つを保持しているので、フィルターではじかれない方のデータも見ることが出来るからまぁいいかなと思っています。

問題があるとすると、フィルターの付いていないビューを使った場合、”resellerclub”という検索ワードでたどり着いた人とロシアからのスパムのどちらかを区別することは難しいことです。

最近、ロシアからのスパムが増えてきましたが、ロシアからの全てのアクセスをはじく訳にはいかないですね。

スポンサードリンク

2015.1.21 追記 “resellerclub scam”で検索に来てた・・

昨夜、上記の設定を行った後で、本日現在のアクセスを見てみました。

国別アクセス数です。最近、ロシアからと見るだけでスパムを疑ってしまいます。

image

キーワード、”resellerclub scam”で検索に来た人は15人いました。

image

セカンダリディメンションを使うことで、国別にすることが出来ました。

“reseller”と”resellerclub scam”は区別されるのでしょうか?

という訳で、Google Analyticsの設定で”reseller”以外に”resellerclub scam”を追加してみました。

2015.02.26 追記

以下にまとめサイトを作りました。
リファラースパム(referer spam)まとめ

お役に立ちましたら、シェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minoru maeda より:

    私の運営するサイトも、浦下さんのとまったく同じ状況です。初めはリファラースパムが次々と、フィルターをかける度毎に違ったドメインのついたリファラースパムに変化していって、数日前から、検索ワードを使ったスパムになりました。フィルターに、「検索語句」を加えるのはもちろん、「言語」「国」「市町村」まで加えてしまったくらいです。こんなことして何の得になるのでしょうね。全くもって理解不能です。

  2. urashita より:

    私の場合、昨夜、Google Analyticsで
    ビュー⇒フィルター⇒フィルターパターン⇒”resellerclub scam | resellerclub”
    プロパティ⇒トラッキング情報⇒検索ワード除外リスト⇒”resellerclub scum”と”resellerclub”の二つを設定してみました。
    Google Analyticsの設定の反映は最大24時間程度はかかると書いてあるので、これで様子を見てみます。
    しかし、手を変え、品を変え、スパマーも色々とやってきますね。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です