ミライナタワー「新宿南口交通ターミナル」ネーミング募集 日本一のバスターミナル2016年3月オープン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧新南口駅舎跡地に高さ約170mの複合ビルが、新宿の新たなランドマーク「JR新宿ミライナタワー」として2016年3月に完成いたします。
この場所に、同時に日本一の新宿駅南口交通ターミナルがオープンします。
このバスターミナル、気になるので徹底的に調査してみました。

スポンサードリンク

新宿駅のバスの課題と新宿南口交通ターミナル

新宿駅の1日の利用者数は全国一の約340万人ですが、タクシー、高速路線バスなどへの乗り換えが不便でした。
新宿駅周辺は、39の都府県と結ぶ高速バスが1日およそ1600便発着する拠点となっていますが、主な乗り場だけでも19か所に分散しているうえ、駅から離れている場所もあり、ほかの交通機関との乗り換えが不便なことなどが課題になっています。

image

このため国土交通省は、およそ700億円をかけて乗り場を集約し、新宿駅に直結する「新宿南口交通ターミナル」の整備を進めています。
新たなターミナルは、117社の高速バスの事業者が利用し、1日1625便が発着する日本一の高速バスターミナルになります。
また、ターミナルにはタクシー乗り場も設置されることから、駅周辺で客待ちで並ぶタクシーの渋滞を緩和する効果も期待されるということです。
結果として、バス利用者数は1日4万5千人を見込みます。

image

スポンサードリンク

あなたの考えた名称が地図に載る!!新宿南口交通ターミナルの愛称募集

平成27年10月28日(水)国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所から次の発表がありました。
http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/kisya/pdf/20151028.pdf

新宿南口交通ターミナル 日本で最も乗降客が多い新宿駅。
電車から高速バス、タクシーなどへの乗り換えがスムーズな駅直結のターミナルが平成28年春に誕生します。
これを記念し、皆様に親しみを持ってターミナルを利用して頂くため、愛称の募集を行います。

応募期間 :平成27年10月28日(水)

平成27年11月23日(月) 必着

応募方法等: 別紙チラシをご参照ください。

東京国道事務所HP http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/

新宿駅南口地区基盤整備 http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/saisei/shinjuku/index.htm

日本一の乗降客数を誇る新宿駅の南口に接する新宿跨線橋(一般国道20号)上は、一日約6万台の車と約14万人の歩行者が通行していますが、ゆとり空間が乏しく、タクシーや一般車の乗降等の影響で慢性的な交通渋滞を引き起こしています。
また、大正14年に架けられた新宿跨線橋は老朽化と耐震性の面から架け替えが必要でした。
さらに、新宿駅は首都圏を代表する交通結節の要衝でありながら、高速路線バス乗り場が点在するなど、鉄道、高速路線バス、タクシー等、 交通機関相互の乗り換えの利便性にも乏しい現状にあります。
そこで、東京国道事務所は跨線橋の架け替えと交通結節点の整備、地下歩道の整備により、新宿駅南口前を中心とした人優先の安全・安心で快適な歩行者空間を創出すべく、事業を展開中です。

image

新宿南口交通ターミナルの特徴

○高速、長距離バスの発着便数・・・日本一。
○高速、長距離バスの停車場数・・・日本一。
○日本一の乗降客「新宿駅」から・・・直結。
○ほかにも色々日本一が・・・。 高速バスの乗換え利便性の向上

(1)駅周辺に分散していた“のりば”を集約し、誰にでもわかりやすい“のりば”が誕生します。
(2)JR新宿駅の南口に直結。 改札からの乗換えがもっと身近に!
(3)施設のバリアフリー化や待合所の整備など、高速バスターミナルの質的向上が図られます。
(4)施設内に東京観光情報センターを設置。全国各地への観光需要の活性化に寄与します。

○今回、新たに整備されるターミナル施設は、これまで駅周辺に分散されていた高速バスのりばを集約するとともに、関連施設の整備を行うことで鉄道駅と高速バス、タクシー等との円滑な相互乗り換えが実現されます。

■集約されるバス発着所(予定)京王ターミナル,ウィラーターミナル,西口ロータリー,新宿センタービル,明治安田生命ビル,VIPラウンジ、南側駐車場,小田急,左山ビル等

スポンサードリンク

ミライナタワー 新宿駅新南口ビルの概要

image

国土交通省とJR東日本との共同事業で、JRの線路上に1・47ヘクタールの人工地盤を構築して造成、2階にJR改札と歩行者広場、3階にタクシー乗降場、4階に高速路線バス乗降場を設けます。

新宿駅新南口ビル(ミライナタワー)の概要
◆ 計画名-新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
◆ 所在地-東京都新宿区新宿四丁目1番6号、東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24番55号
◆ 階数-地上33階、地下2階
◆ 高さ-最高部168.16m、軒高167.31m
◆ 敷地面積-17,860.96㎡(施設全体)
◆ 敷地面積-18,416.18㎡(施設全体)
◆ 延床面積-136,541.88㎡(施設全体)、約111,000㎡(ビル本体)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス(6階~33階)、店舗 (1階~5階)、文化交流施設
◆ 建築主-国土交通省、東日本旅客鉄道(JR東日本)
◆ 設計者・監理者-ジェイアール東日本建築設計事務所
◆ 施工者-大林組、鉄建建設、大成建設JV
◆ 着工-2013年09月(本体工事)
◆ 竣工-2016年03月31日予定

世界最大級のターミナル駅のJR新宿駅と直結した複合施設として、新宿新南エリアの新しいランドマークとなる地上33階、高さ約170m、延床約111,000m²の複合ビルとなります。
このビルは高規格で環境性能にも優れた賃貸オフィスや、ファッションから食まですべてのジャンルで高いトレンド性をもつ商業施設、また様々なイベントにご利用頂ける多目的ホールなどの文化交流施設を展開することで、新宿駅周辺の魅力あるまちづくりへの貢献を目指しています。

まとめ

新宿へ、あるいは、新宿から高速バスに乗ったことがある人なら皆わかると思いますが、とにかく、バス乗り場がJR新宿駅から遠くて分かりにくいです。
それが、新宿南口交通ターミナルで一気に解決できそうですね。
バスターミナルが、空港のように華やかで楽しい場所になりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です