PHP Laravelのartisanコマンドのまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、PHPのフレームワークであるLaravelを学習しているのですが、Laravelで使えるartisanコマンドをまとめてみました。

 

以下のまとめと合わせてご覧ください。

laravel-logo
PHPのフレームワークLaravel5を学習しているのですが、ITを長年やっていても分からない用語だらけなのでまとめてみました。Laravel(ララベル)とはL...

 

スポンサードリンク

Laravelのプロジェクト作成

image

前提として、Windows 7でXAMPP、PHP、Composerをインストールする必要があります。PHPは最新は7系ですが、5.6系を使う方がよいと思います。

 

以下のように、XAMPPのShellからDOSコマンドプロンプトを表示し、Composerを使ってLaravelのプロジェクトproject1を作ります。

# cd C:\xampp\htdocs
# composer create-project laravel/laravel project1 --prefer-dist
# cd project1

この後、project1配下で使うartisanコマンドをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

artisanコマンド一覧

php artisanのコマンド一覧は以下の通りです。

 

# php artisan
Laravel Framework version 5.1.26 (LTS)

Usage:
command [options] [arguments]

Options:
-h, --help            Display this help message
-q, --quiet           Do not output any message
-V, --version         Display this application version
--ansi            Force ANSI output
--no-ansi         Disable ANSI output
-n, --no-interaction  Do not ask any interactive question
--env[=ENV]       The environment the command should run under.
-v|vv|vvv, --verbose  Increase the verbosity of messages: 1 for normal output,
2 for more verbose output and 3 for debug

Available commands:
clear-compiled      Remove the compiled class file
down                Put the application into maintenance mode
env                 Display the current framework environment
help                Displays help for a command
inspire             Display an inspiring quote
list                Lists commands
migrate             Run the database migrations
optimize            Optimize the framework for better performance
serve               Serve the application on the PHP development server
tinker              Interact with your application
up                  Bring the application out of maintenance mode
app
app:name            Set the application namespace
auth
auth:clear-resets   Flush expired password reset tokens
cache
cache:clear         Flush the application cache
cache:table         Create a migration for the cache database table
config
config:cache        Create a cache file for faster configuration loading
config:clear        Remove the configuration cache file
db
db:seed             Seed the database with records
event
event:generate      Generate the missing events and listeners based on registration
handler
handler:command     Create a new command handler class
handler:event       Create a new event handler class
key
key:generate        Set the application key
make
make:command        Create a new command class
make:console        Create a new Artisan command
make:controller     Create a new resource controller class
make:event          Create a new event class
make:job            Create a new job class
make:listener       Create a new event listener class
make:middleware     Create a new middleware class
make:migration      Create a new migration file
make:model          Create a new Eloquent model class
make:policy         Create a new policy class
make:provider       Create a new service provider class
make:request        Create a new form request class
make:seeder         Create a new seeder class
make:test           Create a new test class
migrate
migrate:install     Create the migration repository
migrate:refresh     Reset and re-run all migrations
migrate:reset       Rollback all database migrations
migrate:rollback    Rollback the last database migration
migrate:status      Show the status of each migration
queue
queue:failed        List all of the failed queue jobs
queue:failed-table  Create a migration for the failed queue jobs database table
queue:flush         Flush all of the failed queue jobs
queue:forget        Delete a failed queue job
queue:listen        Listen to a given queue
queue:restart       Restart queue worker daemons after their current job
queue:retry         Retry a failed queue job
queue:subscribe     Subscribe a URL to an Iron.io push queue
queue:table         Create a migration for the queue jobs database table
queue:work          Process the next job on a queue
route
route:cache         Create a route cache file for faster route registration
route:clear         Remove the route cache file
route:list          List all registered routes
schedule
schedule:run        Run the scheduled commands
session
session:table       Create a migration for the session database table
vendor
vendor:publish      Publish any publishable assets from vendor packages
view
view:clear          Clear all compiled view files

 

ちなみに、LTSとはLong Term Supportのことで、長期間保守のことです。いわば「安定期に入ったので長い間サポートされます」っていう意味です。

 

スポンサードリンク

artisanでよく使うコマンド

  • 環境変数の確認

環境変数を確認します。

# php artisan env
Current application environment: local

 

  • サーバーの起動

ローカルで付属の軽量WEBサーバーが起動します。
これを使うとApacheのバーチャルホストとか作らなくてよいので、手頃にテストするにはよいです。
ただ、実際の運用では、Apacheのバーチャルホストで行うべきでしょう。

# php artisan serv
Laravel development server started on http://localhost:8000/
[Wed Dec 09 09:59:28 2015] ::1:57745 [200]: /favicon.ico

 

  • ルーティングの一覧

ルーティングの一覧を表示します。

# php artisan route:list
+--------+----------+-----+------+---------+------------+
| Domain | Method   | URI | Name | Action  | Middleware |
+--------+----------+-----+------+---------+------------+
|        | GET|HEAD | /   |      | Closure |            |
+--------+----------+-----+------+---------+------------+

 

  • コントローラーの作成

コントローラーを作成します。

# php artisan make:controller AppController
Controller created successfully.

上記のコマンドで、app/Http/Controllers/AppController.phpが作成されます。

 

  • マイグレーションファイルの作成

マイグレーションとは、データベースのテーブルやカラムの追加や変更の定義を管理することを指します。

# php artisan make:migration create_articles_table
Created Migration: 2015_12_09_013404_create_articles_table

上記のコマンドで、database/migrations/2015_12_09_013404_create_articles_table.phpが作成されます。

 

  • マイグレーションの実行

マイグレーションを実行するとデータベースにテーブルが作成されます。

# php artisan migrate
Migration table created successfully.
Migrated: 2014_10_12_000000_create_users_table
Migrated: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table
Migrated: 2015_12_09_013404_create_articles_table

 

  • マイグレーションのロールバック

マイグレーションをロールバックします。

# php artisan migrate:rollback
Rolled back: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table
Rolled back: 2014_10_12_000000_create_users_table

 

  • マイグレーションのリフレッシュ

DBを全てロールバックし、再度全マイグレーションを実行します。データは全て消えてしまいます。

php artisan migrate:refresh

 

  • フレームワークの最適化

# php artisan optimize
Generating optimized class loader

 

  • シーダーの生成

シーダーを生成します。

# php artisan make:seeder UsersSeeder
Seeder created successfully.

上記のコマンドで、database/seeds/UsersSeeder.phpが作成されます。

 

  • シーダーの実行

データベースにレコードを挿入します。

# php artisan db:seed
Seeded: UsersSeeder

 

  • モデルの作成

モデルを作成します。

# php artisan make:model Article
Model created successfully.

上記のコマンドで、app/Article.phpが作成されます。

 

  • ルートキャッシュをクリア

ルートキャッシュをクリアします。

# php artisan route:clear
Route cache cleared!

 

  • ルートキャッシュを作り直し

ルートキャッシュを作り直します。

# php artisan route:cache
Route cache cleared!
Routes cached successfully!

 

  • フォームリクエストの作成

フォームリクエストを作成します。

#php artisan make:request ArticleRequest

 

  • ミドルウェアを作成

ミドルウェアを作成します。

#php artisan make:middleware MyMiddleware

 

  • アプリケーションとの対話コマンド

既に読み込まれているPHPアプリケーションのためのREPL (Read-Eval-Print Loop)を提供しています。

#php artisan tinker

 

Laravelの学習書

Laravelの日本語の書籍は少ないですが、以下の2冊はおすすめできます。

Laravelエキスパート養成読本 [モダンな開発を実現するPHPフレームワーク!] \2,138

 

まとめ

Laravelを初め、PHPのフレームワークを使って開発するのはプログラムを開発するというよりも、パズルを組み合わせる感覚に近いです。

プロジェクトを作るのにはcomposerを使うし、コントローラーやモデルを作るのにはartisanコマンドを使います。

もちろん、データベースを作るのにもartisanコマンドを使います。

このあたりは、通常のプログラミングを学んだものとしては違和感を感じますが、慣れるしかないです。

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です