エアペイ (Airペイ) の口コミ評判、審査は厳しい?無料の決済代行はトラブル?

ITサービス



 

WEBでBtoB、BtoCのサービスを展開する際に、悩むことの一つは決済方法ですね。

自前で構築するのは大変なので大抵は決済代行サービスを使うことになります。

 

ところが、ざっと見るだけでも以下のように、世の中には、決済代行サービスが沢山あります。

楽天ペイ https://pay.rakuten.co.jp/index_pc.html

Square (スクエア) https://squareup.com/jp

Coiney (コイニー) https://coiney.com/

SPIKE (スパイク) https://spike.cc/

Stripe (ストライプ) https://stripe.com/jp

Yahoo!ウォレットFastPay https://fastpay.yahoo.co.jp/

PayPal (ペイパル) https://www.paypal.com/jp/home

PAY.JP https://pay.jp/

Komoju (コモジュ) https://komoju.jp/

Omise (オミセ) https://www.omise.co/ja

Epsilon (イプシロン) http://www.epsilon.jp/

 

そんな中で、日本発で低価格で導入できるAir Pay(エアペイ) というサービスを調べてみました。

Air Pay (エアペイ、エアペインメント) とは

Air Pay(エアペイ)は、株式会社リクルートライフスタイルが提供する、スマートデバイスを用いたカード決済サービスです。

 

スマートフォンのとかタブレットといったモバイル端末を活用して決済するスマートペイメントの一つです。

 

 

↓こちらが公式サイトになります。

カードも電子マネーも使えるおトクな決済サービスAirPAY

 

従来のカード決済サービスは、導入コストや運用コストが高かったり、手数料も不明瞭なものが多く存在しておりました。

 

そんな中でAirペイは、こんな特徴を持っています。

◎導入コストが実質無料(※キャッシュバックキャンペーン中)

◎手数料は全ての加盟店様一律で業界最安水準
Visa、MasterCardR、American Express は3.24%
JCB、Diners Club、Discoverは3.74%
交通系電子マネーは3.24%

◎クレジットカードと電子マネーがスマートデバイスと決済端末1台で決済可能 (Airペイだけのサービスです)

◎売上金の入金最大月6回、振込手数料も無料

 

著名な決済代行サービスは海外製が多かったり、月額定額の料金がかかる中で、手数料が安くリクルート発なのは安心できますかね。

 

以下のようにクレジットカードのみならず、日本独自の交通系の電子マネーにも対応しています。

  • クレジットカード 6種
    JCB/Diners Club/Discover 3.74%
    VISA/MasterCardⓇ/American Express 3.24%

 

  • 交通系電子マネー 9種
    Suica/PASMO/Kitaca/TOICA/manaca(マナカ)/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん

(※ 交通系電子マネーを利用する場合は、Wi-Fiとプリンターが必要です。)

 

公式ホームページには以下のように記載されています。

 

決済手数料3.24%〜

業界最安水準の決済手数料かつ月額固定費0円
業界や業種を問わず、決済手数料は3.24%または3.74%です。
交通系電子マネーは3.24%で、いずれも業界最安水準となります。月額固定費も掛かりません。

 

振込手数料0円
振込手数料は全ての銀行で0円です。新たな銀行口座を開く必要はありません。入金回数は利用口座によって月6回または月3回です。

 

カンタンに購入可能
iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダーだけですぐにクレジットカード決済をはじめられます。

(※ Androidは使えません)

 

では、Air Payがどんなユーザーに使われているのでしょうか?

Air Pay (エアペイ) のユーザー

Air Pay (エアペイ) を使っているのはこんなユーザーです。

商売を行っている経営者様(法人、個人事業主問わず)

対面にて決済が発生する場面であれば、どんな事業主でもお手軽に使用可能です。

◎飲食店や美容サロン、アパレルなどの小売店様

◎イベントなどでの一時的な決済

◎手軽に持ち運べるため、移動販売でも活躍

 

既にクレジットカード導入の方であれば、既存の契約はそのままで、新たに「Airペイ」に申し込みいただくことでコストカットが実現します。

入金サイクルが今よりも短く、キャッシュフローの改善にも役立ちます。

 

クレジットカード未導入の方であれば、今までコストが気になってクレジットカード決済を見送っていた方も、クレジットカード決済導入の効果をテストできます。

加盟店様へのアンケートでは約70%の加盟店様が売上が上がったとの回答があります。

 

エアペイの申し込みと審査期間、審査は厳しい?

エアペイの審査については公式サイトのFAQに詳しく書かれています。

 

現在非常に多くのお申し込みをいただいているため、審査完了まで通常よりもお時間をいただいております。
審査完了予定日についてはお問い合わせいただいてもお答えすることができませんので、あらかじめご了承ください。

 

審査基準および審査結果の詳細について
審査基準および審査結果の詳細につきましてはお答えできませんので、ご了承ください。

 

審査結果が届かない
1週間以上すぎても審査結果が届かない場合、下記の原因が考えられます。ご確認をお願いいたします。

カードリーダーをお受け取りいただいてる加盟店様は、管理画面を確認することができます。
管理画面にお申し込みいただいたAirID、店舗名でログインしていただき、契約情報をご覧いただきますと、
申し込み状況および審査状況がご確認いただけます。

 

審査期間は1週間程度で出ることが多いようです。

 

Squareに比べて、楽天スマートペイやエアペイは、運営会社がしっかりしているために、審査は少し厳しいです。

ちゃんとした運営実態がないと審査に落とされることがあるようです。

審査基準は明確にされていません。

 

エアペイの口コミと評判

リクルートという安心と、その他連携アプリやサービスが豊富です。

 

エアペイの手数料は他社と大きく変わりませんが、Air PayはSuicaやICOCAなどの交通系電子マネーで支払う事ができるほか、JCB、ダイナースカードなどで支払うことが可能なことが大きな特徴であり、メリットです。

 

やはり、ユーザーにとっては、支払い方法を沢山選べる方が好まれるので、ビジネスチャンスは広がりますものね。

 

さらにプラスで、Airレジとの連携

Airレジは、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリです。

 

AirペイとAirレジを連携すれば、現金等でのお会計とクレジットカード決済または交通系電子マネーの決済の両方に対応することができます。

また、Airレジは商品情報の登録が可能なので、会計時の注文入力をカンタンにします。

 

AirペイとAirレジを連携することで、注文入力からクレジットカード決済または交通系電子マネーの決済までを通してカンタンに行えます。

 

※Airレジと連携してご利用いただく場合は、Airレジでご利用中のアカウントでのお申し込みが必要となります。

 

Air Pay (エアペイ) のまとめ

現在クレジットカードをご利用いただいている経営者様はもちろん、まだ未導入のターゲットにも低コストで導入できる『Airペイ』をぜひ積極的にご利用ください。

 

↓AirPay (エアペイ) のお申し込みはコチラ
エアペイ

 

コメント