Google Chromeで、ERR QUICK PROTOCOL ERROR (クイックプロトコルエラー) の原因と回避方法

Google

最近、ChromeでGoogle検索を使うと、よく見かけるエラーが、ERR_QUICK_PROTOCOL_ERRORです。

これ何故出るんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ERR QUICK PROTOCOL ERROR とは

ERR QUICK PROTOCOL ERRORのエラー画面のメッセージは次の通りです。

このウェブページは一時的に停止しているか、新しいウェブサイトに移動した可能性があります。

Error Code: ERR_QUIC_PROTOCOL_ERROR.

英語版でのエラーメッセージは次の通りです。

This Webpage is Not Available
The webpage at “xxx” might be temporary down or it may have moved permanently to a new web address.
Error Code: ERR_QUIC_PROTOCOL_ERROR.

これ、実際の原因は違うようですが、本当の原因は不明です。

ただ、修正はできるようです。

ERR QUICK PROTOCOL ERROR の修正方法

ERR QUICK PROTOCOL ERROR を修正する方法は次の通りです。

Google Chromeのアドレスバーで

chrome://flags/#enable-quic

と入力します。

「試験運用版の QUICK プロトコル」

と表示されていれば、ドロップダウンメニューから「無効」を選択します。

その後、Google Chromeを再起動します。

うーん。よくわからないエラーだけど、Googleもまだ実験中みたいです。

Google についてのおすすめ本

↓Googleについてのおすすめの本はコチラ

Google