バージョン管理システム (VCS) シェア比較 (SCCS、VSS、CVS、Subversion、Mercurial、Git)

ソフトウェア開発においては、バージョン管理システムが必須ですが、世の中には沢山のバージョン管理利ステム(VCS) がありますね。

まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SCCS

Source Code Control System(SCCS)は、世界初のソースコードバージョン管理システム。

Visual Source Safe/TFS

Microsoft Visual SourceSafe (VSS) は、マイクロソフトが開発し販売していたバージョン管理システムです。

現在の後続製品は Team Foundation Server(TFS)です。

CVS (シーブイエス)

Concurrent Versions System(コンカレント・バージョンズ・システム、並行バージョンシステム)は、通常CVS(シーブイエス)と略されます。

テキストファイルの変更を記録し管理するバージョン管理システムで、フリーソフトウェアです。

2000年代の前半まで、多くのオープンソースで使われました。

ディレクトリの移動が出来ない (フォルダ名の変更ができない) などの制約がありましたが、速度が速い、過去との比較が容易などの特徴がありました。

Subversion (サブバージョン)

Subversion(Apache Subversion)は、さまざまなソフトウェアの開発現場において広く使われているソースコード管理システムです。

CVSとコマンドの互換性があり、また、CVSの制約でもあったフォルダ名の変更も可能でした。

2005年ごろまで主流のバージョン管理システムでした。

BitKeeper

BitKeeperは、商用のバージョン管理システムでした。

初期のLinuxカーネルを管理していたことで有名です。

2016年5月にオープンソースとして公開されました。

Mercurial

Linuxカーネル開発者の一人でもあったMatt Mackallが開発した、BitKeeperに代わる分散型バージョン管理システムです。

クロスプラットフォームの分散型バージョン管理システムで、Pythonで実装されています。

MozillaのソースコードはMercurialで管理されています。

Git (ギット)

Git(ギット)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムです。

Linuxカーネルのソースコード管理に用いるためにリーナス・トーバルズによって開発され、それ以降ほかの多くのプロジェクトで採用されています。

Gitのインストールについては以下をご覧ください。

GitをWindowsクライアント・CentOS 7サーバーにインストールしてみました
このたび、GitをWindowsクライアント・CentOS 7サーバーにインストールしてみました。 インストー...

GitのラッパーであるTortoiseGitについては以下をご覧ください。

Tortise Git (トータスGit、トータスギット) とは?亀のように遅いGitのクライアントの使い方
Gitのクライアントのラッパーシェルである、TortoiseGitを使ってみました。 TortoiseGitの読み方は...

まとめ

現在の主流はGitでよいと思います。

Graph from Google Trends. See an interactive version here.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする