GAFA とは?Google、Amazon、Facebook、Appleまとめる言葉、読み方は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GAFAとは?

Google、Amazon、Facebook、AppleまとめてGAFAと呼ぶそうです。

これらの4社は現在のIT業界、インターネット業界の4強と言っていいでしょう。

GAFAの読み方は、ガーファだそうです。

米国の大手IT企業の売り上げについては以下をご覧ください。

アメリカのIT企業の2018年売り上げ上位10社(アップル、アマゾン、Google、マイクロソフト、IBM)
アメリカには巨大なIT企業が沢山ありますね。 以下の記事でまとめた通り、倒産、買収されてしまった有名なIT企業...

もちろん、売上の上位にGAFAも含まれています。

驚くべきことに、4強の中に、もはや、マイクロソフトやインテル、IBMは含まれていないのですね。

過去の時代でも、GAFAのような言い回しがあったようです。

振り返ってみましょう。

IBMと7人の小人 (1960年代)

1960年代は、IBMはバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェル、RCA、GEの他のコンピュータ主要7社を圧倒して大きなシェアを有したため、「IBMと7人の小人」と呼ばれていました。

IBMとBUNCH (1970年代)

1970年代、IBMとバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェルが市場に生き残り、その頭文字から「IBMとBUNCH」と呼ばれていました。

Wintel(ウィンテル)(1990年代)

1990年代は、米マイクロソフト製のWindowsオペレーティングシステムと、米インテル製のCPUやチップセットを搭載したコンピュータが圧倒的に強かったために、Wintelと呼ばれました。

まとめ

さて、今後もこの4強を中心にITやインターネット産業は動いていくのでしょうか。

IT業界のパラダイムの変化は激しいですので、どうなることでしょうか?

以下も参考してください。

デスクトップOS(Windows, Android, iOS)のシェアの推移と歴史、パラダイム
どのような世界にも栄枯盛衰はあります。 特に、コンピュータ、パソコン業界、インターネット業界の動きは激しい業界...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする