IoT とは何か? Internet of Things、モノのインターネットをの例をわかりやすく解説

最近、テレビでも新聞でも、IoTという見慣れない単語を見ますね。

IoTとは何なんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IoT の読み方

IoTの読み方は、アイオーティーです。

あるいは、インターネットオブシングスと読んでもよいです。

IoTとは何か?

IoTは、Internet of Things」の略で、モノのインターネットと訳すこともあるようです。

IoTとは、パソコン、スマホだけでなく、身の周りにあるあらゆる「モノ」をインターネットにつなげることで仕事や生活をより豊かにする、といった考え方です。

Internet of Thingsという用語は、1999年に英国人起業家であるケビン・アシュトンが初めて使ったとされています。

当初はRFIDによる商品管理システムをインターネットに例えたものでしたが、スマートフォンやクラウドコンピューティングが広まり、この環境全体を表現する概念として転用されたそうです。

IoTの事例

IoTの事例を見てみましょう。

アマゾンダッシュボタン

Dash Buttonとは、お気に入りの商品が少なくなったと気づいたら、ボタンを「ぽちっ」っとボタンを押すだけで、商品が届きます。

Wi-Fiに接続し、iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリからお気に入りの商品を設定するだけ。

あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます。

新しい買い物スタイルですね。

車の自動運転

自動車におけるIoTとは、車に搭載されたセンサーや、道路に設置されたカメラなどがインターネットと接続されることで、車同士の情報交換が行えることなどを指します。

渋滞などの道路情報の他に、道路の先の障害物情報や天候情報など、運転に関する様々な情報を知ることが可能になります。

その結果、車の自動運転も可能になります。

2020年代前半くらいに、自動運転もしくは自動運転にほぼ近いようなシステムが出てくるとも言われています。

↓IoTについてさらに詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする