Tortise Git (トータスGit、トータスギット) とは?亀のように遅いGitのクライアントの使い方

Gitのクライアントのラッパーシェルである、TortoiseGitを使ってみました。

TortoiseGitの読み方は、トータスギットです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TortoiseGit (トータスGit)とは

GitはLinuxの創始者であるLinus Torvaldsが開発したバージョン管理システムです。

Gitそのものは、インストールすればサーバーとクライアントの両方の機能があるために、バージョン管理システムを使う上で、必ずしもTortoiseGitをインストールする必要はありません。

ただ、GitそのものはGUI (グラフィカルユーザーインターフェース) を持っていないために、バージョン管理システムとして使う場合、コマンドプロンプトから操作することになります。

エンドユーザーは、「それでは、使いにくい!」と感じるでしょう。

そのために用意されているのがTortoiseGitです。

TortoiseGitはGPLで配布されるフリーソフトウェアです。

姉妹製品として、TortoiseCVSやTortoiseSVNがあります。

  • TortoiseCVS は CVS のMicrosoft Windowsプラットフォーム向けのクライアント
  • TortoiseSVNはSubversion のMicrosoft Windowsプラットフォーム向けのクライアント

Gitを使うユーザーはCVSやSubversionを経験済みであることも多いので、これらのTortoise製品を既に使った人も多いでしょう。

同じインターフェースで使えるので慣れていれば使いやすいはずです。

ちなみに、Tortoiseは英語で「亀」のことです。

さて、TortoiseGitですが、文字通り亀のように遅いのでしょうか?

実際に使ってみました。

TortoiseGitのインストール

まず、Gitを以下からダウンロードしてインストールしてます。

https://git-scm.com/download/win

TortoiseGitは、GitのラッパーシェルなのでGitがインストールされていないと動作しません。

そのため必ず、Gitをインストールした後に、TortoiseGitを以下からダウンロードしてインストールします。

https://tortoisegit.org/

TortoiseGitの日本語化

その後、TortoiseGitを日本語化するには、以下のサイトから日本語のランゲージパックというのをインストールします。

https://tortoisegit.org/download/

Japaneseと書いてある所からSetupをします。

TortoiseGitを使ってみる

TortoiseGitは、Windowsのエクスプローラーにアドオンされるので、インストールした後で

「TortoiseGitを起動する」ような手順は必要ありません。

TortoiseGitを使うには、エクスプローラーで任意のフォルダにて右クリックすれば十分です。

リポジトリが無ければ以下のように表示されます。

リポジトリがあれば以下のように表示されます。

TortoiseGitでアイコンオーバーレイが表示されない

TortoiseGitでアイコンオーバーレイが表示されないことがあるようです。

詳しくは以下をご覧ください。

TortoiseGitでオーバーレイアイコンが表示されない (変わらない) ので上限を増やして解決
TortoiseGitでアイコンオーバーレイ icon overlayが表示されない件を解決する方法をまとめました。 ...

TortoiseGitで削除したリモートブランチがリストに残る

TortoiseGitで削除したリモートブランチがリストに残ることがあるようです。

詳しくは以下をご覧ください。

TortoiseGitで削除したリモートブランチがリストに残る
TortoiseGitでPullしようとして気付いたのですが、削除したリモートブランチがリストに残ってしまいます。 ...

まとめ

TortoiseGitは、エクスプローラーに張り付いて常駐するために少し重く感じるのは確かです。

ただ、Gitをコマンドラインからのみ使うのは大変なので、必須と言ってよいでしょう。
↓Gitについてのおすすめの本はコチラ

Git