HTTP 503 Service Temporarily Unavailableとは?エラーの原因と対処、解決策

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

ブラウザで閲覧していて

503 Service Temporarily Unavailable

The server is temporarily unavailable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.

というエラーが出ました。

これは何なんでしょうか?

503 エラーの例

503エラーには、以下のように表示されることがありますが、いずれも同じ意味です。

 

503 Service Temporarily Unavailable

 

503 Service Unavailable

err_dns_fail, vcenter, sharepoint が続くこともあります。

 

503 Service Not Available

 

503 サービス利用不可

 

503 サーバ名を解決できませんでした

 

リモートサーバーがエラーを返しました(503) サーバーを使用できません

 

503 Service Temporarily Unavailable とは何か?原因は?

503 Service Temporarily Unavailable

は、サーバーの一時的なアクセスエラーです。

よく似たエラーとして、

500 Internal Server Error

があります。

 

大きな違いとして、500は恒常的に利用不可の状態であるのに対して、503は一時的に利用不可となっていることです。

 

このコードが表示される要因としては、

  • 当該ウェブサイトに瞬間的に多数のアクセスがなされ、サーバーが処理不能に陥った。
  • サーバーがメンテナンス中などで機能していなかった。
  • サーバ内の最大データ転送量を超過した。
  • 同一サーバ内の他のサイトへのアクセスの集中。

です。

 

503 service temporarily unavailable の対処、回避、復旧、解消、解決方法

レンタルサーバーの上位プランに変更

単純にサーバーが処理できる能力以上にアクセスが来ているのが一番の原因です。

レンタルサーバーを使っているなら、処理能力が上の上位プランに変更するなどが解決策です。

エックスサーバーの上位プランがよいでしょう。
エックスサーバー

専用サーバーを使う

共有サーバーを使っているなら専用サーバーに替えるという方法もあります。

 

シックスコアの専用サーバープランがよいでしょう。
レンタルサーバー シックスコア

CDNを使う

Contents Delivery Networkを使って負荷分散する方法があります。

無料のCDNサービスとしては、CloudFlareが有名です。

 

DDOS攻撃か?

DDOS攻撃を受けている場合もあるので注意が必要です。

 

DDOS攻撃については以下にまとめました。

WordPressでxmlrpc.phpのDDOS攻撃を回避する nginxでPOSTメソッド対策
この度、私が使っているお名前.com VPS がここ数週間、障害に見舞われ数時間停止してしまいます。 毎回、サーバーを再起動して運用しておりました。 お名前.comのVPSについては、以下をご覧ください。...

 

 

コメント

  1. […] […]