LANケーブルのカテゴリ(CAT) 5, 6, 7, 8の比較、違い、種類、見分け方確認、回線速度

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

LANケーブルには規格があって、性能によってカテゴリ 5, 6, 7, 8などに分かれています。

通常、カテゴリはCAT5のように書かれるようです。

LANケーブルのカテゴリによる違い、種類、確認、回線速度についてまとめてみました。

LANケーブルのカテゴリによる性能一覧

LANケーブルのカテゴリによる比較、違い、種類、伝送速度を表にまとめてみました。

カテゴリ 通信
速度
bps
伝送
帯域
Hz
10
BASE-T
100
BASE-T
1000
BASE-T
1000
BASE-TX
10G
BASE-T
40G
BASE-T
CAT5 100M 100M × × × ×
CAT5e 1G 100M × × ×
CAT6 1G 250M × × ×
CAT6A
CAT6E
10G 500M ×
CAT7 10G 600M ×
CAT7A 10G 1000M ×
CAT8 40G 2000M

 

上記の表から、1GB以上のスピードを出すには、CAT5e以上のLANケーブルを使う必要があります。

10GB以上のスピードを出すには、CAT6A以上のLANケーブルを使う必要があります。

LANケーブルのカテゴリの見分け方

LANケーブルのカテゴリについては、LANケーブルそのものに書いてあるようです。

手元のケーブルで調べてみました。

 

下記のケーブルは、Cat5eと書かれています。

 

下記のケーブルはCAT6と書かれています。

ケーブルのカテゴリは簡単に、見分けられるんですね。

 

 

新しくLANケーブルを買う場合は、カテゴリ7Aかまたは、カテゴリ8をお勧めします。

カテゴリ7A

↓サンワサプライ CAT7A LANケーブル (2m) 10Gbps/1000MHz RJ45 ツメ折れ防止 ブルー KB-T7A-02BL


 

カテゴリ8

↓エレコム LANケーブル CAT8 1m ツメが折れない スリム ブルーメタリック LD-OCTST/BM10


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました