65インチの4K 壁掛けテレビのサイズ、大きさ、寸法、距離、おすすめはハイセンスかLG

ITで知っておくべき知識

65インチの4K対応 壁掛け薄型液晶テレビを買うことにしました。

最近はこのサイズでも最安では10万円ぐらいで買えるらしいです。

スポンサーリンク

65インチのテレビのサイズ、大きさ、寸法

65インチと言われても大きさが分かりませんね。

どのぐらいのサイズ・大きさ・寸法なんでしょうか。

 

以下にインチと高さ、幅の関係をまとめてみました。

画面サイズ(対角線) 16 : 9
インチ(型) センチ 高さ(cm) 幅(cm)
19 48.26 23.70 42.10
24 60.96 29.90 53.10
32 81.28 39.80 70.80
37 93.98 46.10 81.90
40 101.60 49.80 88.50
43 109.22 53.50 95.20
45 114.30 56.00 99.60
48 121.92 59.80 106.20
49 124.46 61.00 108.50
50 127.00 62.30 110.70
55 139.70 68.50 121.70
58 147.32 72.20 128.40
60 152.40 74.70 132.80
65 165.10 80.90 143.90
70 177.80 87.20 154.90
75 190.50 93.40 166.00
80 203.20 99.60 177.10
100 254.00 124.50 221.40

 

65インチの場合、高さが80.90cm、幅が143.90cm と分かりました。

ハイビジョン、フルHD、4K

デジタルテレビの画素数は、

  • ハイビジョン(1,366×768)の約100万画素
  • フルHD(1,920×1,080)の約200万画素
  • 4K(3,840×2,160)の約800万画素

と進化しています。

 

ちなみに、4Kの画素数やアスペクト比は以下をご覧ください。

https://urashita.com/archives/3732#i

TVメーカーが示すテレビのサイズと視聴距離の基準

テレビのサイズと距離の関係を調べてみました。

フルHDの場合

フルHDのテレビの場合、サイズと距離の関係は次の通りです。

サイズ 画面の高さ 部屋の広さ 視聴距離
32V型 約39cm 4.5畳未満 約1.2m
40V型・43V型 約50cm 4.5~6畳 約1.5m
46V型 約57cm 6畳 約1.7m
49V型 約60cm 8畳 約1.8m
52V型 約65cm 8~10畳 約1.9m
60V型 約75cm 10畳以上 約2.2m
70V型以上 約87cm 10畳以上 約2.6m

 

4Kの場合

4Kのテレビの場合、サイズと距離の関係は次の通りです。

サイズ 画面の高さ 部屋の広さ 視聴距離
43V型 約50cm 4.5~6畳 約0.8m
46V型 約57cm 6畳 約0.85m
49V型 約60cm 8畳 約0.9m
52V型 約65cm 8~10畳 約1m
60V型 約75cm 10畳以上 約1.1m
70V型以上 約87cm 10畳以上 約1.3m

4Kテレビは、フルHDに比べて視聴距離は約半分ぐらいです。

 

ハイセンス Hisense 65V型 4K 液晶テレビ 65A6500 価格

65V型 4K 液晶テレビで、安くて口コミがよい商品を探してみました。

まず見つけたのは、中国ハイセンスのテレビです。

 

↓ハイセンス Hisense 65V型 液晶 テレビ 65A6500 4K 外付けHDD裏番組録画対応 HDR対応 2018年モデル

 

主なスペックは次の通りです。

  • 画面サイズ:65インチ
  • 【ハイエンド特有機能】4K RGBパネル、スマホ画面をワイヤレスで映せるAnyview Cast、
  • HDR10やHLGに対応、広色域でDCI-P3を90%カバー、ビデオオンデマンド8種搭載、メタリック極薄フレーム
  • 【モデル共通機能】メーカー3年保証、外付けHDD裏番組録画
  • 【音声機能】DOLBY AUDIO、SUPER BASS搭載
  • 搭載ビデオオンデマンド: Netflix, Youtube, アクトビラ4K, TSUTAYA TV, U-NEXT, クランクイン!ビデオ, アクトビラ, ひかりTV
  • 画面寸法:142.8×80.4(cm)、画素数:3840×2160
  • バックライト:直下型LED、パネルコントラスト比:4000:1
  • 応答速度:8ms、音声出力:15W×2、消費電力:210W 、省エネ基準達成率:168%
  • 本体寸法(スタンド含む):145×91.2×28.4(cm)

AnyView CastってAndroidのみ対応のようですが、ドングルを使わずとも画面を共有できる機能みたいです。

 

↓ハイセンス43A6500, 50A6500, 55A6500, A6500のマニュアル、取扱説明書はコチラ

https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2018/09/A6500.pdf

 

LG 65V型 液晶 テレビ 65UK6500EJD 価格

次に見つけたのは韓国のLG製のテレビです。

 

↓LG 65V型 液晶 テレビ 65UK6500EJD 4K HDR対応 エッジ型LED IPSパネル 2018年モデル

 

主なスペックは次の通りです。

  • 外形寸法(cm):145.6 × 90.3×31.1
  • 本体重量(kg):27.5(スタンド含む)
  • チューナー:地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2
  • 録画機能:(外付けHDD取付時)裏番組録画
  • 実用最大出力(JEITA):20W
  • 端子:HDMI入力×4(うちHDMI-ARC×1)、コンポーネント/ビデオ入力端子×1、ヘッドホン出力端子×1、光デジタル音声出力端子×1、USB端子×2、LAN端子×1
  • 倍速機能:2倍速相当
  • エッジ型LEDバックライト
  • テレビ世界シェア第2位 ※HIS・Markit・テクノロジーグループ・TV Sets Tracker調べ、2018年9月発表。

LGは、おしゃれな感じね。

キャスター付きテレビ スタンド FITUEYES 対応テレビ

65インチテレビですが、壁掛けにせずとも、キャスター付きのスタンドを買えばよいみたいです。

壁掛けしようとすると、壁の強度や工事とか何やら大変そうだしね。スタンドだと楽だね。

 

そこで、探して見つけたのが、32~65インチ対応のFITUEYESっていうメーカー。

このメーカーは聞いたことがないけれど、アメリカ製のようです。

FITUEYES公式サイト

https://www.fitueyes.com/

 

↓FITUEYES テレビスタンド 32~65インチ対応 キャスター付き 3段 高さ角度調節可能 移動式 ブラック TT306503GB

 

主なスペックは次の通りです。

  • 【適用VESA】:100mm x 100mmから最大600mmx400mmまでのVESA,32-65インチのテレビに対応
  • 【調整・回転可能】:9段高さを調節可能、ラックは左右方向へ+-35度が回転可能
  • 【荷重】:底面ガラス25KG、段棚15KG、ラック40KG
  • 【棚付き】:3段棚付きで、レコーダーやプレイヤーの設置も可能で、AV機器なども設置可能
  • 【キャスター付き】:移動に便利なキャスター付き、足で操作でき部屋から部屋まで楽に移動できます

VESA対応なら安心です。

FITUEYESのテレビスタンド、ハイセンスA6500 レビュー

買ったのは、FITUEYESのテレビスタンド、ハイセンスA6500です。

FITUEYESのテレビスタンド レビュー、組み立て

FITUEYESテレビスタンドは、32インチから65インチのテレビ対応です。

 

 

組み立て方は、説明書が分かりやすいので1時間あれば作れますね。

がっしりしているので多少の地震があっても大丈夫そうだが、転倒防止策は必要だろうか?

 

キャスターの4輪でロックは対角方向に付けるそうです。

キャスターはロックできますが、4輪を全部ロック、前輪2つのみロック、後輪2つのみロックでは、地震の揺れに弱く、すぐ転倒してしまいます。

少しでもその被害を抑えるために、いますぐできる防災対策として、4輪キャスターは対角上の2輪のみをロックするようにしてください。対角線上の2点を固定することで、揺れを吸収し倒れにくくなります。

https://www.mlab.ne.jp/safety/columns_20180921/

 

ハイセンスA6500 レビュー

ハイセンス A6500が届いた。

これ確かに大きい!

箱から出したり、設置したりするのは一人では無理!

 

無事に設置すると、おおデカい!

キレい!

 

YouTubeに接続できずに error code -201 映らない

無線LANの設定をしてみたけれど、最初、YouTubeが見れなくなった。

YouTubeボタンを押すと、error code -201 となって接続できないようです。

 

ネットを調べてみると、以下の対応で解決しました。

まずはメニューでの通信設定に入る
①ネットワーク接続を選択
②詳細設定を選択
③無線LANを選択
④無線設定ではいを選択
⑤DNSアドレスを自動から手動に変更
⑥008.008.008.008と入力
⑦戻るボタンでDNSアドレスが8.8.8.8になっている事を確認
⑧戻るボタンでメニュー画面を閉じる

もう一度YouTubeボタンを押して、普通に入れました!

 

AnyView Cast は使い方が分からない

AnyView Cast という機能がデフォルトで備わっているそうです。

これを使うと、スマホのコンテンツをテレビに転送できるらしい。

スマートフォンやタブレットなどを
テレビとワイヤレスで接続し、
コンテンツを転送、テレビの大画面で視聴できます。
※Android OS限定

しかし、使い方が分からない。。

 

ミラキャスト AirPlayで画面を無線転送

AnyView Castの代わりに、AnyCastっていうドングルを使ってパソコンやスマホの画面を無線転送してみました。

 

AnyCast、ミラキャスト、AirPlayについては以下をご覧ください。

https://urashita.com/archives/27657

 

結果は、次の通りです。

  • iPhone、Androidの画面転送はOK、遅延もなく使えそう。Amazonプライムビデオだけは映像が映らなかった。
  • Windows 10は、転送が遅くて遅延激しく使えそうもない。

 

まとめ。買ったもの。

↓FITUEYES テレビスタンド 32~65インチ対応 キャスター付き 3段 高さ角度調節可能 移動式 ブラック TT306503GB

 

↓ハイセンス Hisense 65V型 液晶 テレビ 65A6500 4K 外付けHDD裏番組録画対応 HDR対応 2018年モデル

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました