Terramaster製のNAS F2-210 レビュー、マニュアル、評判

商品レビュー

私は、TerramasterのDAS (Direct Attached Storage) であるD5-300Cを使っていました。

https://urashita.com/archives/17772

 

今回は、Terramaster製 (テラマスタ) のNAS F2-210を使う機会があったのでレビューしてみました。

 

↓Terramaster製のNAS F2-210

スポンサーリンク

テラマスタ (Terramaster) は中国の会社

TerraMaster Technology Co., Ltd. (中国名: 铁威马; 発音: tiěwēimǎ) は、コンピューターソフトウェア、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)、およびダイレクトアタッチトストレージ(DAS)の開発と販売を専門に行う中国企業です。

本社所在地は中華人民共和国の広東省 深セン市。

 

公式サイトはコチラです。

https://www.terra-master.com/jp/

 

主な同業社としては

  • QNAP Systems, Inc.
  • Synology Inc.

があります。

F2-210のスペック、2ベイ

F2-210のスペックは、次の通りです。

モデル F2-210
CPU Realtek RTD1296
クアッドコア 1.4GHz
メモリ 1GB
ドライブ 3.5インチ/2.5インチ×2
最大28TB(14TB×2)
ホットスワップ対応
外部ポート 1GbE LAN
USB 3.0x2
ファイルシステム (内蔵)EXT4,BTRFS
(外付)EXT3, EXT4, NTFS, FAT32, HFS+
仮想化 非対応
価格 17,990円

F2-210は、3.5インチ/2.5インチHDDを2台、クワッドコア、1GBメモリという基本構成です。

TerraMasterの製品の中では最下位のエントリーモデルですが、クアッドコアCPU、メモリ1GBを搭載しているので個人利用なら必要十分、少人数の利用でも無難に処理できる性能を持っています。

多機能NASは、素の状態でメモリを300-400MB程度のメモリを消費するので1GBあると非常に安心できます。

背面にあるUSBポートに外付けHDDやUSBメモリを接続すれば、NASの拡張ストレージやバックアップストレージとして利用できます。

USBポートが2つあり最大4台のHDDが利用できることになるので、拡張性は意外とあります。

F2-210のマニュアルはどこ?

F2-210を始め、TerramasterのNASにマニュアルは付属しません。

代わりに公式サイトからマニュアルPDFをダウンロードします。

 

↓F2-210のマニュアルをダウンロード

http://download.terra-master.com/download.php?lng=jp&tid=1610

 

DLNAマルチメディアサーバー、Plex Media Server

マルチメディアサーバーというアプリをインストールすれば、DLNA (Digital Living Network Alliance) をサポートします。

DLNAの意味は以下の通りです。

https://urashita.com/archives/28700

 

また、Plex Media Serverアプリケーションもサポートしており、インストール可能です。

PLEXについては以下をご覧ください。

https://www.plex.tv/ja/

 

DTCP-IPはサポートしないので、テレビのコンテンツの保存はできません。

別売のHDDとSSDのサポート

F2-210にHDDやSSDは付属しません。

別売のHDDやSSDを購入して接続します。

 

HDDやSSDのメーカーはたくさんあるが、ウェスタンデジタル (Western Digital) 製のものを一番勧めます。

 

↓WD 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS100T2B0A

 

F2-210とF2-220、F2-221の違い、比較

F2-210とよく比較されるのが、F2-220、F2-221です。

 

F2-210、F2-220、F2-221はすべて2ベイのNASであり、外観はほぼ同じです。

大きな違いは、CPU性能と最大のHDDの容量です。

 

↓TerraMaster F2-210 2ベイNAS クアッドコアCPU ホーム&SOHO向け スナップショット機能 4K Ultra HD ビデオ コード変換 dlna対応(HDD付属なし)

 

↓TerraMaster F2-220 2ベイ NAS 2.0GHz intelデユアルコア2GB スマホ/タブレット対応 (HDD付属なし)

 

↓TerraMaster F2-221 2ベイ NAS 2.0GHz intelデユアルコア2GB スマホ/タブレット対応 (HDD付属なし)

 

開封、外観レビュー

F2-210を開封して外観をレビューしてみました。

 

こちらが届いた箱です。

 

開けてみました。

 

中身はこれだけです。

 

小さいっていうのが最初の印象。

 

付属品です。

 

横にTERRA MASTERのロゴが見えます。

 

こちらが後ろです。

大きなファンがありますが、静かです。

 

LANの差込口と電源のケーブルの差込口。

 

2ベイなので、前の部分を取り外して、HDDを入ることが出来ます。

 

前の部分を2個とも外してみました。

 

2TBの2.5インチHDDを挿してみました。

 

これは、2.5インチのHDDですが、2.5インチでも3.5インチでもそのまま挿せます。

 

下から見てみました。

ねじ3個で固定します。

 

電源を入れてみました。

F2-210のセットアップ (Windows, Linux, Mac)

セットアップは、Windows, Linux, Mac のどれでも可能であり、手順はとても簡単です。

TOSのインストール

TOSとは、TerraMaster Operating Systemの頭文字からの略語で、TerraMasterクラウドストレージNASサーバーのために開発されたLinuxプラットフォームベースのオペレーティングシステムです。

TOSの最新版は、4.0系です。

 

1.
F2-210とWindowsパソコンを同じLAN内のネットワークに接続して起動します。

 

2.
Windowsパソコンににて、以下から、Windows用のTNASクライアントをダウンロードしてインストールします。

http://download.terra-master.com/download.php?lng=jp&tid=1610

 

3.
TNASクライアントを起動すると、NASを発見できます。

 

4.
選択してクリックすると、ブラウザが開きます。

このあとからは、ブラウザで操作します。

 

5.
HDDをフォーマットします。

 

6.
TOSをインストールします。

 

7.
TOSのインストールが完了したら、自動的に再起動します。

 

8.
起動したら、admin (管理者) のパスワードを設定します。

 

9.
HDDを初期化します。

2台のHDDを接続した場合は、RAID1 (ミラーリング) の設定が可能です。

 

10.
初期化が完了したら、ログインします。

 

11.
F2-210のTOSにログインできました。

 

アプリケーションのインストール

TOSの中からアプリケーションを開いてみます。

 

現在、利用可能なアプリケーションとしては以下が挙げられます。

  • WordPress
  • SugarCRM
  • Apach Tomcat
  • Node.js
  • Net2FTP(FTPサーバ)
  • Gcc build tools
  • SVNサーバ
  • Java バーチャルマシン
  • Dropbox Sync
  • Clam AntiVirus
  • マルチメディアサーバ(UPnPサーバ)
  • Aria2(ダウンロードクライアント)
  • Plex Media Server
  • PT&BTダウンロード(ダウンロードクライアント)
  • DLNAマルチメディアサーバ
  • メールサーバ
  • MySQL サーバ(Maria DB)

これだけあれば、大体のことは出来ますね。

 

↓Terramaster製のNAS F2-210

 

 

 

商品レビュー未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました