DiXiM SeeQVault Serverの使い方、REGZAの引っ越し

東芝レグザ

REGZA 50M530Xを買いました。

https://urashita.com/archives/28241

このテレビを使って、他のテレビで保存した SeeQVaultでないHDDの録画番組から、SeeQVault 形式に変換して読み込みが出来るか試したいと思います。

これが出来ると、REGZA 50M530Xへ番組の引き継ぎ、引っ越しができるようになります。

スポンサーリンク

デジオン DiXiM SeeQVault Serverとは

SeeQVaultでないHDDから、SeeQVaultのHDDへのアップロードムーブのために、DiXiM SeeQVault Serverを購入します。

 

デジオン DiXiM SeeQVault Serverは、Windowsで動作する数少ないDTCP-IP対応のソフトウェアです。

DiXiM SeeQVault Serverは、ホームネットワーク上に存在するDTCP-IPムーブ送信機能を搭載するテレビやレコーダーやNASなどの機器から、デジタル放送番組(地デジ/BS/CSなど)をDTCP-IPムーブ受信することで、パソコンに接続されたSeeQVault 対応デバイスに保存し、さらに、デバイス上に 保存されているデジタル放送番組を、DTCP-IP技術を用いて、配信およびムー ブ送信する機能を持つメディアサーバーアプリケーションです。
また、設定ツールを操作することで、SeeQVault 対応デバイスに保存されているコンテンツの削除やメタデータの編集、他のSeeQVault 対応デバイスへコンテンツを移動することができます。

 

↓DiXiM SeeQVault Server

https://www.digion.com/sites/seeqvault-server/

SeeQVaultのHDDを購入

SeeQVault対応のHDDを購入します。

 

↓SeeQVaultとは

https://urashita.com/archives/28418

 

↓SeeQVault対応のおすすめHDD

https://urashita.com/archives/28936

 

REGZAでフォーマットしてDiXim SeeQVault Serverで読み込めない

SeeQVaultのHDDは、SeeQVault形式でフォーマットしないとSeeQVaultとして扱えません。

 

REGZA 50M530Xで、SeeQVaultのHDDをフォーマットします。

次に、REGZA 50M530Xで番組を保存し、SeeQVault形式に変換しました。

 

このあと、このHDDをDiXim SeeQVault Serverのインストールされたパソコンに接続します。

すると。。。DiXim SeeQVault Serverで番組が読み込めません。

 

どうやら、REGZA 50M530Xは、Windowsで読み込めないXFS形式でフォーマットされることが原因のようです。

XFSについては、こちらをご覧ください。

https://urashita.com/archives/28945

 

。。困った。

exFATなら REGZAもDiXim SeeQVault Serverも読み込める

DiXim SeeQVault Serverの開発元のデジオンのサポートに何度か質問したところ、REGZAでフォーマットしたXFSではなくて、WindowsでフォーマットしたexFATなら読み込めるとのことでした。

おお。そういう方法があるのね。

 

手順は次の通りです。

 

1.
まず、SeeQVaultのHDDをWindowsで、exFATでフォーマットします。

 

2.
DiXim SeeQVault Serverを使って、フォーマットします。

これで、SeeQVault形式になります。

 

3.
テレビに保存されたSeeQVaultでない番組から、このSeeQVault HDDにアップロードムーブします。

 

4.
このSeeQVault HDDをREGZA 50M530Xに接続します。

 

5.
通常録画用機器として登録します。

登録してもSeeQVault形式の番組は削除されません。

 

6.
このUSBハードディスクを初期化します。

少し怖いですが、SeeQVault形式の番組は削除されません。

 

 

SeeQVault HDDを買ってきた直後、一番最初に、SeeQVault HDDをREGZAでフォーマットしてしまうと、XFSフォーマットのSeeQVault形式になってしまいます。

そのようにせずに、WindowsでexFATでフォーマットしてから、DiXim SeeQVault ServerでSeeQVault形式にするのがポイントです。

 

ここまでが出来ると、

他のテレビで保存した SeeQVaultでないHDDの録画番組から、DiXim SeeQVault Serverに接続したSeeQVault HDDにアップロードムーブを行え、

その後、REGZA 50M530Xで読み込みが出来るようになります。

 

 

東芝レグザ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

  1. […] ・https://urashita.com/archives/29739 […]

タイトルとURLをコピーしました