11AC対応 法人向け無線LANアクセスポイント バッファローWAPM-1166Dの比較と設定

このたび、法人向けの無線LANのアクセスポイントを探してみました。

探すポイントは以下の通りです。

  1. 安いに越したことはないが5万円以下なら性能重視
  2. 同時接続台数50台以上
  3. 安定して接続できる
  4. 高速無線LAN規格 11AC に対応していること

結果としてバッファローWAPM-1166Dを買ったのでレビューもしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

比較・検討した無線LANアクセスポイント

私が比較・検討してみたの以下の3機種です。
どれも性能は大差ないのですが、口コミ情報などを勘案して最大接続数が一番多いバッファローWAPM-1166Dを選びました。

バッファロー WAPM-1166D \30,581 最大接続台数100台

IOデータ WHG-AC1750A \25,980 最大接続台数50台

エレコム WAB-I1750-PS \25,669 最大同時接続台数50台

IEEE 802.11ACとは?

ところで、最近、流行のIEEE802.11ACという無線LANの規格はどのようなものでしょうか?

高速無線LAN規格「11ac」とは
「11ac」とは、米国電気電子学会(IEEE)にて策定が進められている高速化のための新技術です。
2013年3月の電波法改正により、日本国内でも高速無線LAN規格「IEEE802.11ac」として使用できるようになりました。
「帯域幅拡大」「変調信号の多値化」「MIMO方式の拡張」により、 従来規格の11nと比べ、約11.5倍(規格最大値)の高速化を実現しています。
デジタル家電から防犯装置、自動車など、複数の機器同士を同時に、 スムーズに無線でつなぐことができます。

バッファローのホームページに以下の図が載っています。

image

  • IEEE 802.11a (最大54Mbps)
  • IEEE 802.11b (最大11Mbps)
  • IEEE 802.11g (最大54Mbps)
  • IEEE 802.11n (最大100Mbps~600Mbps)
  • IEEE 802.11ac (最大433Mbps~6.93Gbps)

11aと11acが5GHz帯、11bと11gと2.4GHz帯、11nは両方の帯域を使います。

802.11aは殆ど普及しませんでしたが、b/gは普及しました。
802.11nは無線LANなどとして家庭内で使われる例が多いです。
802.11acは、日本国内では総務省による認可が下りた2013(平成25)年に製品が発売となりました。今後に期待が持てます。

Power over Ethernet (PoE)

WAPM-1166Dが対応しているPoEとは何でしょうか?

Power over Ethernet (PoE) は、イーサネットの配線で利用されるカテゴリ5以上のUTPケーブル(より対線)を通じて電力を供給する技術です。

バッファローWAPM-1166Dの設定

バッファローWAPM-1166Dですが、PoE対応でACアダプターが付属しないためにACアダプタも必ず買いましょう。
PoEで接続する場合、PoE対応するハブに接続することが前提となるためです。
ACアダプターで接続すると安心できます。

本体

ACアダプター

実際に買ってみました。

DSC00003
これが本体です。

DSC00004
これがACアダプターです。

DSC00005

有線LANを接続する口が2個ありますが、上の図のLANケーブルを挿している左側がPoE対応の挿し口になります。

WAPM-1166Dの設定方法は次の通りです。
まず、WAPM-1166Dを有線LANに接続します。
その後、同じネットワークにあるパソコン側でWAPM-1166Dの設定ツール「エアステーション設定ツール」を http://d.buffalo.jp/wapm-1166d/ からダウンロードしてインストールします。

image

エアステーション設定ツールを使ってネットワークに接続されたWAPM-1166Dを見つけます。

image

「次へ」をクリックするとブラウザから設定を変更できるようになります。

ブラウザから初期ログイン名 admin、初期パスワード passwordでログインします。

image

出荷時は、無線LANが無効になっているので、802.11gの「無線基本設定」、802.11aの「無線基本設定」で必ず無線LANを有効にしておきます。

image

無線LANのセキュリティー設定の項目は以下の通りです。

ANY接続を無効にすると、SSIDがステルス化されてセキュリティ的に安全になります。

認証方式は、WEP、IEEE802.1x/EAP、WPA-PSK、WPA-EAPとありますが、WPA-PSKを選択して適当な共有キーを割り当てます。

追加認証としてMACアドレスを設定すれば、あらかじめ登録されたMACアドレスしか接続できなく出来ます。ただし、MACアドレスとして登録できるのは最大256個のようです。

まとめ

今回は、バッファローを買いましたが、無線LANのアクセスポイントとしては一番出荷台数があるようです。
BUFFALO インテリジェントモデル PoE対応 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps 無線LANアクセスポイント WAPM-1166D

台数が出ていると安心して使えますね。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。