GIMPで文字の縁取りができない?縁取り文字の作り方、ぼかし

ITで知っておくべき知識

GIMPで縁取り文字の入力方法をまとめた。

 

スポンサーリンク

キャンバスに文字を書く

GIMPを起動します。

メニューバーからファイル新しい画像から新規にキャンバスを作成するか、縁取りしたテキストを入れたい画像を開きます。

 

テキストツールを選択して「テキスト」ツールを選んだら、縁取りしたい文字をキャンバスに入力します。

 

 

テキストを選択範囲にする

右にあるレイヤーダイアログからテキストレイヤーの上にマウスポインタを持っていき、右クリックして「不透明部分を選択範囲に」をクリックします。

 

文字を選択範囲にすることができたら、入力した文字が点線で点滅します。

選択範囲を拡大

次に、メニューバーから「選択範囲の拡大」をクリックします。

 

 

 

選択範囲の拡大ダイアログが開きます。

縁取りの大きさを「選択範囲の拡大量」に設定し「OK」をクリックします。

 

数値が大きくなるほど、縁取りする範囲が広がります。

 

文字の選択範囲が拡大されます。

 

縁取り用のレイヤーを追加

選択範囲を拡大することができたら、メニューバーから縁取り用の新しいレイヤーの追加をクリックして追加します。

 

 

新しいレイヤーの追加ダイアログ開きます。

「塗りつぶし色」を「Transparency(透明)」にして「OK」をクリックします。

 

 

縁取りの色を選択して塗りつぶす

縁取り用のレイヤーを選択し、ツールボックスから「描画色」を選び、文字を縁取りしたい色を設定します。

 

 

縁取りの色を描画色に設定することができたら、メニューバーから編集描画色で塗りつぶすをクリックします。

 

 

縁取り用レイヤーをテキストレイヤーの下に

レイヤーダイアログでは、先ほど追加した縁取り用のレイヤーはテキストレイヤーの上にあります。

縁取り用のレイヤーにマウスポインタを持っていき、ドラッグしてテキストレイヤーの下に移動します。

 

 

選択を解除

縁取りを塗りつぶすことができたら、メニューバーから選択選択を解除します。

これで、文字(テキスト)にくっきりとした縁取りをつけることが出来ました。

 

縁取り文字に「ぼかし」を入れるには?

くっきりした縁取りでなく「ぼかし」を入れるには次のようにします。

 

 

縁取り用のレイヤーをアクティブ(選択中)にして、メニューバーからフィルターぼかしガウスぼかしをクリックします。

 

これで文字(テキスト)に、ぼかした縁取りを付けることが出来ました。

 

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました