ExcelでSUMIFがうまくいかない?使い方、空白以外、複数条件

Windows

Excelで単純合計を計算するにはSUMがあります。

ただ、少し条件式を入れたい時がありますね。

そんな時に便利なSUMIFの使い方をまとめました。

スポンサーリンク

SUMIFの入力方法と引数

SUMIFの読み方は、サム・イフです。

 

SUMIF(範囲, 検索条件, 合計範囲)

範囲 検索の対象とするセル範囲を指定します。
検索条件 セルを検索するための条件を数値や文字列で指定します。
合計範囲 合計したい値が入力されているセル範囲を指定します。
[範囲]と[検索条件]によって絞り込まれた[合計範囲]の中のセルが合計の対象となります。
省略すると、[範囲]がそのまま合計の対象となります。

 

 

SUMIFの使用例:日曜日以外の人数の合計を求める

例えば、以下のような表を考えてみましょう。

 

普通に日曜日から土曜日までの人数の合計を求めるには

SUM(C2:C8)

でよいでしょう。

 

例えば、日曜日以外の人数の合計を求めるには

SUMIF(B2:B8,"<>日",C2:C8)

のようにすると求められます。

SUMIFに複数の条件を付けるのはSUMIFS

SUMIFSの読み方は、サム・イフ・エスです。

 

SUNIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, 条件範囲2, 条件2, ...)

合計対象範囲 合計したい値が入力されているセル範囲を指定します。
[条件範囲]と[条件]によって絞り込まれた[合計対象範囲]のなかのセルが合計の対象となります。
条件範囲 検索の対象とするセル範囲を指定します。
条件 [条件範囲]からセルを検索するための条件を数値や文字列で指定します。
[条件範囲]と[条件]は127個まで指定できます。

 

 

 

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました