Entity Frameworkとは?入門サイト、データベースファースト、コードファースト

Windows

Entity Frameworkについてまとめてみた。

スポンサーリンク

Entity Frameworkとは

Entity Frameworkは、データ指向のソフトウェアアプリケーション開発をサポートするADO.NETのデータアクセス技術。

ADO.NETはマイクロソフトが提供する、.NET Frameworkで様々な形式のデータへアクセスする機能を提供するソフトウェアコンポーネントの集合です。

 

Entity Frameworkは、.NET Framework 3.5 SP1より、標準ライブラリとして導入された。

ORマッピングの技術の一つとして捉えると分かりやすいでしょう。

Entity Framework入門、C#での使い方

Entity Frameworkの入門、解説としては以下のサイトが最もよく出来ています。

https://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/ef4basic/index/

 

Entity Frameworkのコードファーストとは

コード・ファースト (Code First) とは、名前の通り、コードが先に来ます。

 

C# でエンティティーとなるクラス定義を行い、それを元に、データベースを構築まで行い、利用時にはエンティティーフレームワークが使えるという手法です。

 

このときのオブジェクトは POCO と呼ばれます。

POCOは、Plain Old CLR Object の略です。

ちなみに、Java での同じようなものは POJOです。

Entity Frameworkのデータベースファーストとは

Entity Frameworkのデータベースファーストとは何でしょうか?

 

Entity Frameworkでは、データベースファーストアプローチは、既存のデータベースからPOCOクラスを作成することにより、コードファーストの代替手段を提供します。

 

  • データベースの準備が整ったときは、データベースファーストのアプローチが使用されます。 Entity Frameworkはその義務を完了し、POCOエンティティを作成します。
  • すでに設計済みのデータベースがあり、余分な労力をかけたくない場合は、このアプローチを使用できます。
  • データベースを手動で変更し、データベースからモデルを更新できます。
  • したがって、エンティティフレームワークは、リレーショナルデータベースのテーブルと列に基づいてモデルクラスを作成できると言えます。

 

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました