Outlookを再インストールして旧データファイル pstファイルを使う

ThunderbirdやOutlook Expressを使っていた時期もありますが、いつからか、私のメーラーはOutlookです。
このたび、MS Officeを間違ってアンインストール してしまったので、再度Outlookをインストールしました。
旧Outlookの設定ファイルを再度読み込む方法をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Outlookのデータファイル ost pst

Outlookにはostファイルとpstファイルの2種類があります。
両者の違いは次の通りです。

Outlook で使用される Outlook データ ファイルは 2 種類あります。1 つは Outlook データ ファイル (.pst) で、ほとんどのアカウントに対し使用されます。Microsoft Exchange のアカウントを使用している場合、通常アイテムはメール サーバーに送信されて保存されます。もう 1 つのデータ ファイルは、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) という名前です。このファイルは、メール サーバーに接続できないときでもメッセージを操作できるようにするために、ローカル コンピューターに保存されます。

2 種類の Outlook データ ファイルの主な違いを以下に示します。

  • Outlook データ ファイル (.pst) は POP3、インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP)、および Web ベースのメール アカウントで使用されます。ローカル コンピューター上で Outlook のフォルダーおよびアイテム (Exchange アカウントなど) のアーカイブやバックアップを作成する場合は、.pst ファイルを追加で作成して使用する必要があります。
  • Exchange アカウントがあり、オフラインで作業する場合、または既定の Exchange キャッシュ モードを使用する場合、Outlook データ ファイル (.ost) が使用されます。このタイプのデータ ファイルは、Outlook Connector for Windows Live Hotmail で設定するアカウントに対しても使用されます。Outlook データ ファイル (.ost) には、メール サーバーに保存されたアイテムが必ずコピーされるため、Outlook データ ファイル (.pst) のようにバックアップする必要はありません。

https://support.office.com/ja-jp/article/Outlook-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB-pst-%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3-ost-%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81-6d4197ec-1304-4b81-a17d-66d4eef30b78?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

ostファイルとpstファイルは既定では、以下のフォルダにおかれます。

<ドライブ名>:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook フォルダ

ただ、私の場合、以下のフォルダにおいてありました。

<ドライブ名>::\Users\<ユーザー名>\Documents\Outlook ファイル

Outlookの既存のデータファイルを使う

という訳で、既存のファイルを使うにはOutlookのアカウント設定で
「新しいメッセージの配信先:既存のOutlookデータファイル」を選択します。

image

ここで設定したら無事に過去のメールも読むことが出来ました。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

[関連書籍]

「今すぐ使えるかんたん」シリーズのOutlook 2013の解説書です。メールの使い方や活用方法を中心に、連絡先、予定表、仕事といったOutlook全般の基本操作をわかりやすく解説します。個人ユーザーからビジネスユーザーまで、Outlook 2013を使う人ならぜひとも手元に置いておきたい1冊です。