Windows 10がNASの共有フォルダに接続できない。マカフィー (McAfee) のファイアウォールが原因

スポンサーリンク
Windows

会社の社内LANで、あるWindows 10パソコンからNASの共有フォルダにアクセスできません。

原因を調べてみました。

NASの共有フォルダに接続するとアクセスできません

Windows 10のエクスプローラーからNASに接続する方法は

アドレスバーに

\\192.168.xx.xx

のようにNASのアドレスを指定してアクセスします。

 

接続すると、以下のエラーが出てきて開きませんでした。

\\192.168.xx.xxにアクセスできません。

このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。

指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションは既に終了している可能性があります。

 

\\192.168.xx.xxにアクセスできません

名前のスペルミスを確認しても問題がない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。ネットワークの問題を識別して解決するには、[診断]をクリックします。

 

うーん、なんでだろう?

Windows 10でNASに接続できない、調査方法と解決策

問題の状態をまとめると、以下の通りです。

  • 「ネットワーク > コンピュータ」に表示されない
  • 「ネットワーク > メディア機器」には表示されている
  • 「¥¥サーバー名」を打ち込んでもエクスプローラーで開けない
  • 「¥¥IPアドレス 」を打ち込んでもエクスプローラーで開けない
  • コマンドプロンプトで 「ping IPアドレス」 を実行すると到達できる
  • 「http://IPアドレス」でNASの管理ページは開ける

 

以上の状態から状況を推測します。

Sambaのクライアント機能 (SMB) を有効にする

WindowsからNASに接続するには、Sambaというプロトコルを使います。

Sambaが有効になっていないから、有効にしてみましょう。

 

Sambaのクライアント機能を有効にする方法は次の通りです。

 

1.  Windowsメニューを右クリックして 「アプリと機能(F)」 を選択する

2. 「アプリと機能」の右側の 「関連設定」 > 「プログラムと機能」 を選択する

3. 「プログラムと機能」の左側の「Windows.の機能の有効化または無効化」を選択する

4. 「Windowsの機能の有効化または無効化」から
⇒「SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」
⇒「SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れて「OK」を押す

5.  設定後Windowsを再起動する

 

今回のケースではこれでも直りませんでした。

マカフィーのファイアウォールが原因か

Windowsで、エクスプローラーを使ってNASに接続するには、sambaのポート445を使います。

 

以下の記事を参考に、NASのポート445が空いているかどうか調べてみます。

コマンドラインから相手サーバーのポートの空きをチェックする
コマンドラインから相手サーバーの特定のポートが空いているかどうか、調べたい時があります。 ポートの空きをチェックする方法を調べてみました。 pingではポートの空きはチェックできない ping にはTCP/IPのポート番号がありま...

 

案の定、NASのポート445に接続できませんでした。

 

原因は何だろうか?

今回のケースの場合、調べてみると、該当のWindows 10 PCにインストールされているマカフィー (McAfee) のファイアウォールが原因でした。

 

マカフィーのファイアウォールはデフォルトでは、samba へのアクセスをブロックするようです。

 

マカフィーのファイアウォールをオフにすると、NASに接続できました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました