SEO、キーワードによるカニバリゼーションの対策、解決方法

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

SEO、キーワードによるカニバリゼーションの対策、解決方法をまとめてみました。

SEOのカニバリゼーションとは

カニバリゼーションは、cannibalization 共食い

のことです。

 

SEOのカニバリゼーションとは、一言ではキーワードの共食い状態のことです。

同じキーワードで複数のページが検索エンジンにヒットしてしまい、どれが重要か分からなくなって、結局どれも上位表示されない状態を言います。

A商品:色だけ違う、中身は同じ

例えば、A商品を販売するサイトがあったとします。

  • A商品 白色
  • A商品 黒色
  • A商品 赤色
  • A商品 青色
  • A商品 ピンク

というページがあったとします。

各ページは色の属性以外は、すべて同じ内容が書かれています。

 

この場合、正しくSEO対策してGoogleに教えてあげないと、

  • A商品 白色
  • A商品 黒色
  • A商品 赤色
  • A商品 青色
  • A商品 ピンク

が重複コンテンツとして見なされて、どのページも順位が上がりません。

 

スターウォーズシリーズ:タイトルがほとんど同じ

他の例を挙げてみましょう。

以下のようなシリーズ物のタイトルの記事を書いて、それぞれのページに映画のあらすじや内容を書いたとします。

  • スターウォーズ エピソード1
  • スターウォーズ エピソード2
  • スターウォーズ エピソード3
  • スターウォーズ エピソード4
  • スターウォーズ エピソード5
  • スターウォーズ エピソード6
  • スターウォーズ エピソード7
  • スターウォーズ エピソード8
  • スターウォーズ エピソード9

各ページの中身が異なっていても、タイトルがほとんど同じなので、検索エンジンから見た時にこれらの違いが分からずに、上手く順位付けできません。

 

このような状態を、カニバリゼーションと呼びます。

業界用語では、「ページがカニバる」というような表現を行うこともあります。

SEOのカニバリゼーションの対策、解決方法

では、ページがカニバった時に、どうやって解決したらよいでしょうか。

A商品:色だけ違う、中身は同じ

先ほどのA商品の例では、

  • A商品 全色の特徴

のページを作成して、Googleにindexさせるようにします。

 

残りの色違いで中身が同じページ

  • A商品 白色
  • A商品 黒色
  • A商品 赤色
  • A商品 青色
  • A商品 ピンク

については、すべて

  • A商品 全色の特徴

にhttpの301でリダイレクトするとよいでしょう。

 

こうすることで、各色のページのSEOパワーが「A商品 全色の特徴」に集まるようになります。

 

スターウォーズシリーズ:タイトルがほとんど同じ

先ほどのスターウォーズの例の場合はどうでしょうか。

このケースの場合、コンテンツの中身は異なっているので、タイトルを差別化するようにします。

サブタイトルや公開年を付けると、だいぶ違うでしょう。

 

具体的には

  • スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 1999年
  • スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 2002年
  • スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 2005年
  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 1977年
  • スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 1980年
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 1983年
  • スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒 2015年
  • スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ 2017年
  • スター・ウォーズ エピソード9/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー 2019年

のような感じです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました