502 Bad Gateway (不正なゲートウェイ) の意味、原因と対処、回避方法 nginxの設定?

パソコンのブラウザで、こんなエラーメッセージが出て来ました。

スマートフォンでも同じエラーが発生します。

502 Bad Gateway

nginx/1.2.1

この意味や原因は何でしょうか?解決策、対処方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

502 Bad Gateway とは?意味と原因

502 Bad Gateway は、HTTPのステータスコードの一つです。

このエラーの意味と原因は、ゲートウェイあるいはプロキシとして動作しているサーバーが、リクエストを実行しようとしてアクセスした上位サーバーから不正なレスポンスを受信した。 不正なゲートウェイ経由のアクセスなどで発生します。

意味が分からない?

つまり、一言で言えば、ブラウザで該当のURLのアドレスからサーバーにアクセスして結果を要としたけれど、サーバー側でエラーが発生したって事です。

HTTPのステータスコードの500番台、5xx系はサーバー側のエラーで使われます。

502 Bad Gateway の対処法、回避方法

では、502 Bad Gateway のエラーが出たらどう対処したらよいか?

ですが、これはサーバー側のエラーなので、クライアント側では何も出来ません。

このエラーに対しては、ユーザー側で対処方法とか回避方法はありません。

唯一やることがあるとすれば、キャッシュを消して再度アクセスしてみることぐらいです。

キャッシュを消す方法は以下を参考にして下さい。

パソコンのインターネット ブラウザの閲覧履歴を見る方法と消す(削除する)方法 (Chrome, Firefox, IE, Safari)
インターネットをブラウザで閲覧した時に、ブラウザに履歴が残りますが、ブラウザの履歴の確認方法と削除方法をまとめました。 ...

これでダメなら、サーバー側の回復を待つしかありません。

メルカリ、zaif、コインチェックで502 Bad Gateway

フリマアプリであるメルカリ、仮想通貨の取引所である zaif、コインチェックを使っていると、しばしば

502 Bad Gateway

と表示されることがあるようです。

これまで説明してきたとおり、これはユーザー側の問題ではなくて、運営側のサーバーの不具合です。

よくある根本原因は、ユーザー数が増えすぎてサーバー負荷が増大しており一時的にサーバーにアクセスできないなどですかね。。

困ったものですが、新興勢力で急にアクセス数が伸びたサイトではしばしば発生します。

この問題は、運営側の対応を待ちましょう。

502 Bad Gateway nginxのサーバー運営者の人の対応策

nginxでWEBサーバーを運営している人は、次の方法でこのエラーに対応しましょう。

$ tail -f /var/log/nginx/error.log

でエラーを確認してみます。

下記のチェックを行って下さい。

  • サーバ側(パーミッション、文字コード、改行コード)に問題がないか
  • CGIスクリプトやWebアプリケーション内にバグが発生していないか

このエラーはサーバー側の問題なので、サーバー側で対応する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする