メール送信サーバー SMTPのポート 25, 465, 587の違いは何か?パスワードは必要か?

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

メール送信サーバー SMTPはポート25, 465, 587のいずれかを使います。

それぞれの違いは何か?調べてみました。

ポート25番とは

目的は、特定のネットワークアドレスからから認証なしで送信する用途に使われます。

暗号化(STARTTLS)はなしです。

認証はなしです。ただ、認証を任意として、587番ポートの役割も兼ねることもあります。

 

ポート25は、MTAからMTAへの通信(メールサーバーからメールサーバーへ)に使用されます。

これは、クライアントからサーバへの通信に使用される可能性がありますが、現在のところ最も推奨されていません。

ポート465番とは

目的は、主にメールの送信用のポートです。認証に成功した場合のみ送信を許可します。

暗号化は、SSL (SMTPS)です。

認証は、必須です。

 

SSL暗号化は、SMTPレベルの通信が行われる前に自動的に開始されます。

ポート587番とは

目的は、主に送信用のポートです。認証に成功した場合のみ送信を許可します。

暗号化は、TLS/STARTTLS です。

認証は、必須です。

 

メールを送信する際に接続する番号を変えただけではなく、合わせて「SMTP-AUTH」といった認証が必要になります。

メールを送信する際にユーザーIDやパスワードを必ず要求します。

SMTPのポート確認

SMTPのポートが空いているかどうか、確認したい場合があります。

 

サーバーのポートの空きを調べるには以下の記事をご覧ください。

コマンドラインから相手サーバーのポートの空きをチェックする
コマンドラインから相手サーバーの特定のポートが空いているかどうか、調べたい時があります。 ポートの空きをチェックする方法を調べてみました。 pingではポートの空きはチェックできない ping にはTCP/IPのポート番号がありま...

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました